11歳・荒川ちかがロシア映画「ヤクザガール」に主演デビュー

 ロシア映画「ヤクザガール」の主演として、荒川ちか(11)が主演に抜てきされ、9月の「ウラジオストク国際映画祭」特別招待作品として上映されることが明らかになった。セルゲイ・ボドロフ監督(62)から「少女らしい少女だ」と認められて主演に選ばれた。
 
 荒川ちかは99年神奈川県生まれ。趣味は囲碁、ビーズ、お絵かき、漢字ドリル。日本国内での活動実績はあるが、映画は初主演だ。短期間で日常会話程度のロシア語を習得。荒川は「海外に行ったのは初めてだったけど、ロシア語を覚えて使うのが楽しかった。オーディションの話を聞いたときから演じてみたいと思っていたので嬉しかった」と話す。
 
 99年などついこの間のことであるが、そんな幼い才能がこなした主演という大役。こうした世界は運が左右するところもあり、荒川はオーディションを通してその運をつかんだのだろう。これを幸運の持ち主だとして片付けるのは早計である。
 
 幸運は降ってくるものかもしれないが、それを受け取るための準備を怠らない者に天が与えてくれる贈り物である。降ってくる幸運を受け取る者、落ちている幸運を拾う者、そして渡された運を幸運に変えることができる者である。
 
 荒川の好きな言葉は「スマイル」だという。女優を志す荒川には似合う言葉だ。時に大人になることで他人にスマイルを見せることを忘れがちであるが、11歳の荒川はそれを自然にできる女の子なのだろう。
 
 
☆ 人気ブログランキング(国内ニュース)に参加しています。クリックのご協力をお願いいたします。 
 
★ 荒川ちか:11歳の美少女がロシア映画「ヤクザガール」の主演に抜てき(毎日新聞・10/8/14)
★ 荒川ちか(Very Berry Pro)
 
 

(Visited 58 times, 1 visits today)
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。