まんが日本昔ばなしの人気

 
 朝の七時や夜のゴールデンタイムで子供向けの番組が多かった。しかし少子化の影響もあり、朝に子供向け番組を見ることはなくなった。「おはよう子供ショー」「ママと遊ぼうピンポンパン」「カリキュラマシーン」「ひらけ!ポンキッキ」などは全て情報番組に変わった。
 
 小さい頃の土曜日の夜七時というと、決まって「まんが日本昔ばなし」を見ていた。短編の話が2本の30分番組だ。シンプルな作りのアニメは紙芝居のようであり、物語の魅力に純粋に引き込まれていった。「まんが日本昔ばなし」の放送再開やDVD化の要望が多く集まっているという。しかしそこは視聴率至上主義の壁が立ちはだかる。加えてDVD化には版権の問題も絡み容易ではない。
 
 子供にとって感性を培うのに、こうしたアニメの存在は貴重だ。昔話は心温まるものもあれば残酷なものもある。シンプルな構成でそれを見せてくれたこうした番組が消えていくのは残念だ。一方で、大人が昔のアニメを懐かしむこともあるだろう。童心に返る時間も時には良いものであるし、汚れのない心を洗ってくれるのは貴重な存在。
 
 視聴率が、と言われてしまっては仕方ないが、語り部がいる限り後世に伝えたい話はたくさんあるはず。そうして親や子供、孫に時は流れる。視聴率は本当に見たい人とそうでない人の数字が分からない。
 
 
☆ えーい 紙をまっくろけにぬりつぶしちゃえ。なんとかなるだろう。物語はここから始まるのだ (手塚治虫)
 
☆ 人気blogランキング(国内ニュース)に登録しています。クリックのご協力をお願い致します。
 
★ まんが日本昔ばなし 「放送再開して」「DVD化を」放送終了後も人気(07/11/27)
 
 

(Visited 26 times, 1 visits today)

コメント

  1. […] ★ まんが日本昔ばなしの人気(本ブログ・08/1/12)   […]

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。