名前を書けない友人

 
 今週は自分の名前について、出来事が2つあった。
「だいすけ」というのが私の名前。
 
 「だいすけ」と言ったら、どんな漢字を思い浮かべるでしょうか。
経験則で思い浮かぶのは「大輔」「大介」「大助」あたり。
変換してみると、他にも色々な「だいすけさん」を発見できます。
  
 私の名前は「大輔」です。
 
 先日、若い友人が、私の名前「輔」の字を書けないという場面に遭遇した。正直ビックリです。「おいおい」と苦笑してやり過ごしましたが、珍しい名前ではないし、昔は荒木大輔、今は松坂大輔(共にピッチャー)のおかげで、定期的に「大輔」は有名になるのです。
 
 確かに、学校では若い人にはあだ名で呼ばれており、それは勿論嬉しいこと。しかし、付き合いが始まって半年。これまで電話やメール、ネット上などは勿論、実際にもよく会うメンツなのに、友人の名前を書けないというのはどういう事でしょう。
 
 もう一つは「だいすけ」ではないが、「輔」がつく名前を彼氏に持つ女の子。
この子と彼氏も半年の付き合い。しかし、その子も「輔」が書けなかった。それどころか、「●●●●(彼氏のあだ名)ってなんて名前だっけ?」と逆に聞かれる始末。10秒ほどで思い出したが、どういう感覚で彼氏と付き合っているのか、呆れてしまった。
 
 ゆとり教育を誤って甘受した若い人たちの一部は、声は上げるけれども、それがネット上やメールの上だけだったり、その漢字変換もスペースキーに頼っているとしたら、一体誰と本気で話ができるのだろう。恋心を伝えるのも自分の言葉ではなく、仮想空間で変換キーの助けがなくてはできないのでしょうか。
 
 ゲームのキャラクターではあるまいし、あだ名やハンドルネームしか覚えられないのなんてゴメンです。そんな仮想空間でしか人と交流できない彼らは「井の中の蛙」ですが、この「蛙」も読めない若い人が多いという、お寒い実態。
 
 「大輔」って、そんなに難しい漢字でしょうか。
 
 
☆ 過ちを後悔しながら過去に生きるのは辛い。私は過去にはいない。私の名は「私だった」ではない。問題や不安を抱えて未来に生きるのも辛い。私は未来にいない。私の名は「私だろう」ではない。しかし、この瞬間に生きるのは困難ではない。私の名は「私」だ(ヘンリー・メリコスト)

☆ 人気ブログランキング(国内ニュース)に参加しています。クリックのご協力をお願いいたします。
 
 
 

(Visited 14 times, 1 visits today)
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。