火災保険は台風被害でも役立つ

 災害の多い日本だが、中でも近年脅威なのが台風である。2018年に大阪を襲った台風21号はマンションの壁を剥がし、トラックを横転させ、ピザの配達員を倒し、ベランダを破壊するなどそれまで見たことのないような被災状況を作った。
 
 事前の準備が欠かせないが、自宅が予想しなかった損傷を受けたときに火災保険が役に立つ。名前からして火事にしか対応してくれなさそうだが、「上から降りかかるもの」である、風による害、ひょう、雪などで家が損傷した場合に保険金を受け取ることができる。
 
 大型の台風になると、どこから何が飛んでくるかわからない。こうしたときに屋根や窓が外からの異物で壊れると保証の対象となる。家が壊れたことで発生した火災のよる被害も補償対象となる。変わったところでは、家に空き巣が入られその後に設置した防犯設備の費用も補償対象となる。
 
 注意したいのは「下から起きる災害」であって、地震、津波、噴火などで家が損傷した場合は火災保険と合わせて地震保険に加入しなければならない。
 
 近年の災害の多さから、火災保険料が値上げになるという報道を知った。自然災害に対してはなす術がない。被災したときに補償があることで精神的に救われる。
 
 いま、これを執筆している間も台風が刻一刻と迫っている。大きな被害が起きないことを切望する。

台風12号、東から西へ

 
 全国的に梅雨があけて本格的な夏が始まった。庭ではセミが群れをなして鳴いており、夏の風情というよりは騒音に近い感がある。それでも夏が本格的に動き出した。 
 
 台風12号「ジョンダリ」が強い勢力を保ったまま、小笠原諸島から関東・甲信地方へ向かい、東海地方に上陸の可能性があり、東側から西側へ移動するという異例の進路である。気象庁は、「これまでの経験が役に立たないような事態が予想される」とし、「大雨特別警報の発令も考えられる」と国民に注意を呼びかけた。
 
 この台風が恐ろしいのは進路の奇妙さだけではなく、「西日本豪雨」で被災した地域を直撃する恐れがあることだ。土砂で埋まったままの自動車を尻目に新たな水害を防ぐべく土のうを積み上げる被災者の皆さんとボランティア。これ以上の被害が増えないように祈りたい。
 
 西日本豪雨では「ボランティアが不足している」という。ボランティアが活動しやすい週末が台風の進路となってしまった。しかしボランティアを頼るのは筋が違う。無償の誠意を集めるのではなく、国が金銭的支援をして人を集めるほうが手っ取り早い。効果があることは想像すればわかることなのに国はそうしない。
 
 西日本豪雨の時には対策を取らずに「赤坂自民亭」なる飲み会を実施。安倍総理以下、小野寺防衛相、上川法務相ら50人近い議員が酒をあおり、その様子をツイッターに投稿。写真では親指を立てたりピースサインをしている議員もいた。宴会の日の7月5日には気象庁が緊急会見を開いており、「長時間、広範囲に渡って数十年に一度の大雨が降る恐れがある」と注意を促しており、素人の私でも「大変なことになる」と考えていた。
 
 しかし情報が集まりやすい政府中枢は対策をとるための活動をしなかった。あのとき誰か一人でもいいから「官邸に連絡室を設置したほうがいいのではないか」といった進言をする人はいなかったのか。

 しかも翌6日は、日本の犯罪史上まれに見る組織犯罪の首謀者であった松本智津夫と6人の信者が死刑を執行されることになっていた。上川法相や安倍総理も当然に知っていることであり、賛否がある死刑執行に対して厳粛に対峙すべき人たちが、前日にアルコールを飲んで宴会をし、それをわざわざ公開してみせた。おおよそ議員としての資質、それどころか、人としての品格を放棄した蛮行である。
 
 破壊された道路や河川を担当するのは国交省である。被災地を訪れた石井国交相は、現地で広島市長に詰め寄る被災者を見ていた。被災者の男性は「スコップを持ってやってみればわかる。泥の臭さや辛さが」などと訴えたが、石井国交相は特に表情を変えなかった。
 
 これまで日本は数多くの災害を経験してきた。噴火、地震、津波、原発事故、土砂災害。しかし時の政権は常に言う。「想定を超える災害であって予見は不可能」。実際「自民亭」に参加した議員も「正直、これほど大きな災害になるとは思わなかった」と述べている。”こんなひとたち”が国民の付託を受けて議員報酬を受け取って活動しているというのはあまりに理不尽である。
 
 時に我々は、「正直言うと」や「想定外」という言葉が免罪符になっていると勘違いしていないだろうか。少なくともトップが言い訳する時にこうした言葉づかいをするのは想定の範囲内である。一体これだけの災害を何回経験したら気が済むというのだろうか。
 
 玄関先でセミ1匹がひっくり返っていた。表にしてあげるとまだ動いていた。しかし右側の羽が半分なくなってしまっていた。ここに身近な台風の犠牲がひとつ。ああ、飛べなくなってしまったのか。このセミ、明日の朝はここにいるのかな。
 
 
★ 気象庁 ホームページ

一般名詞化した商標名

 
 NHKは公共放送なので、報道において必要時以外に商標名を言うことはできません。従って、別の名称に言い換えなくてはなりません。我々の接するものは一般名称化していると、商標なのかどうか忘れています。例えば「宅急便」(ヤマト運輸)、「ウォークマン」(ソニー)、「バンドエイド」(ジョンソン・エンド・ジョンソン)などがそうです。NHKではそれぞれ「宅配便」、「ヘッドホン付プレーヤー」、「絆創膏」などと言い換えます。
  
 例えば以下のようなものもあります。
  
万歩計は商標。
一般には歩数計という。
英語ではpedometer
 
ウォシュレットは商標。
温水洗浄便座という。
英語ではBidetというがwashletでも通じることもあるようだ。
 
Wiiのようなゲーム機名は商標。
家庭用ゲーム機という。
英語では、home video game consoleなど。
  
シャープペンシルは商標。
メカニカルペンシルという。
英語ではmechanical pencil。
 
ポリバケツは商標。
プラスティックバケツという。
英語ではbucket。
 
タバスコ(Tabasco)は商標
ペッパーソースという。
英語ではpepper sauce。
 
ゴールデンウィークは商標。
大型連休という。
英語で言うならholiday-studded weekなど。
 
マジックは商標。
フェルトペンという。
英語ではmarker。
 
ドライアイス(Dry Ice)は商標。
固体炭酸という。
英語ではfrozen carbon dioxide。
 
オセロ(Othello)は商標。
リバーシという。
英語ではreversi。
 
テフロン(Teflon)加工は商標。
フッ素樹脂加工という。
英語で商標を避けた言い方はnon-stick panである。 
 
 
 代表的なものを挙げましたが、一般人が日常生活を送っていく上でこの言い換えは特に必要ないでしょう。
 
 しかし、女優の若村麻由美さんは「クレラップ」のCM撮影の際、間違えて他社の商標である「サランラップ♪」と言ってしまいました。撮影時には、偉い人も含めたクレラップ関係者およそ100人が現場にいたそうで、「200の目が一斉にこっちを向いた」(ご本人談)とのことであり、時と場合によっては注意が必要です。なお前者は株式会社クレハ、後者は旭化成の商標。
 
 バンドエイドが商標であることはすでに述べました。「絆創膏」は熊本出身の人に言わせると「リバテープ」と言うほうが一般的であるといいます。同製品はリバテープ製薬株式会社(本社:熊本市)の商標です。熊本地震で被災された皆さまの傷が早く癒えますように。
 
 
☆ 人気ブログランキング(国内ニュース)に参加しています。クリックのご協力をお願いいたします。
 
★ リバテープ製薬株式会社
★ ボランティアセンター(熊本県社会福祉協議会)
 
 
 

【熊本地震】災害情報集約

熊本市 熊本県
天気予報 天気予報
熊本市HP 熊本県HP
Kumamoto City Kumamoto Prefecture
熊本市上下水道局緊急情報
熊本県警察本部
Kumamoto Prefectural Police
災害伝言ダイヤル(NTT西日本HP)
Googleパーソンファインダー
NHKネットラジオ
NHK NEWS WEB
NTT Docomo
au
SoftBank
Y!mobile
自動車通行可能地図(Internet Watch)
営業中ガソリンスタンド(出光興産)
営業中ガソリンスタンド(東燃ゼネラル石油)
営業中スーパー、コンビニなど(NHK NEWS WEB)
ボランティアについて(熊本県)

 
 


 
 
 

今日の短歌・157

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 みだれ咲く
 
 淡い色の葉
 
 この時期の
 
 散らずにずっと
 
 舞い上がれ空
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
☆ 人気ブログランキングに参加しています。クリックのご協力をお願いいたします。
 
 
★ 本ブログ「東日本大震災」関連エントリ
 
 

4年経った東日本大震災

 自分自身に降りかかってきた不幸、家族に降りかかってきた天災、困っている友人知人。その人の気質として、そうした辛いことでもなかなか話そうとしないということがある。堪え忍ぶ姿を賞賛する空気があると、なかなか話すことができないかもしれない。
 
 その姿は美しくもある。だが、さらなる歩みを踏み出すことが難しければ、他人にゆだねるべきである。ゆだねることで自らを解放し、物事の前進に周りの環境を変えていくことができる。
 
 被災者の中には、東日本大震災が「風化している」と感じる人も多いそうである。忙しい日常の中で震災だけではなく、多くのことが時間と共に消えてゆく。話しかけることで灯すことのできる明かりもある。そして他方は、その炎を受け取れる芯であるべきだ。受け取ることのできる炎があれば、後世に話は繋がる。そうした灯火を点火できる芯であり続けたい。
 
 

 
☆ 人気ブログランキングに参加しています。クリックのご協力をお願いいたします。