火災保険は台風被害でも役立つ

 災害の多い日本だが、中でも近年脅威なのが台風である。2018年に大阪を襲った台風21号はマンションの壁を剥がし、トラックを横転させ、ピザの配達員を倒し、ベランダを破壊するなどそれまで見たことのないような被災状況を作った。
 
 事前の準備が欠かせないが、自宅が予想しなかった損傷を受けたときに火災保険が役に立つ。名前からして火事にしか対応してくれなさそうだが、「上から降りかかるもの」である、風による害、ひょう、雪などで家が損傷した場合に保険金を受け取ることができる。
 
 大型の台風になると、どこから何が飛んでくるかわからない。こうしたときに屋根や窓が外からの異物で壊れると保証の対象となる。家が壊れたことで発生した火災のよる被害も補償対象となる。変わったところでは、家に空き巣が入られその後に設置した防犯設備の費用も補償対象となる。
 
 注意したいのは「下から起きる災害」であって、地震、津波、噴火などで家が損傷した場合は火災保険と合わせて地震保険に加入しなければならない。
 
 近年の災害の多さから、火災保険料が値上げになるという報道を知った。自然災害に対してはなす術がない。被災したときに補償があることで精神的に救われる。
 
 いま、これを執筆している間も台風が刻一刻と迫っている。大きな被害が起きないことを切望する。

(Visited 10 times, 1 visits today)
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。