あつい

暑いですね。

まだまだこの暑さが続くようですので、熱中症にはご注意を。
 
 
☆ 人気ブログランキング(国内ニュース)に参加しています。クリックのご協力をお願いいたします。
 
  

私、タバコやめました。自力で減らして”卒煙”した日

 
 かつて「禁煙療法」でタバコをやめることが出来た。通ったのではなく、半日行っただけである。半信半疑ではあったが完全にやめることができ、今でもタバコをやめたいと思っている人に勧めている。セラピストさん曰く「9割の人がやめられる」というのも本当であろう。
 
 ところが、あることがきっかけでせっかくやめたタバコが復活することとなってしまった。何が理由かは書かないが、「禁煙療法」が効果を失ったわけではない。自分から強くタバコにアプローチしたことによる復活である。
 
 せっかくやめたのにまだ吸っている自分がいる。情けない、意志が弱い、人間としてよろしくない。そんなわけで、長期的作戦を練ってタバコと決別する作戦を考えた。
 
 突然やめることなど私には絶対に出来ないので、一日20本だったのを19本に減らし、19本になれたら18本に減らす。その方法で一日10本まで減らすことが出来た。
 
 ここまで来ると、1日計画を立ててタバコを吸うことになる。目覚めてすぐ吸うのではなく出勤前に、職場に着く前に1本などと計画する。タバコを吸うまでに仕事を作り、吸う環境を簡単に身近に置かないようにして先延ばしした。
 
 ある日の夜、最後の一本を吸う時には「これでやめられるな」という自信があった。私の中でやめられなかったら駄目な自分だ、という考えが熟成されており、すでにタバコに拘束されている自分に疲れていたのだ。その1本を味わった後、もうタバコとはおさらばとなった。
 
 やめた直後は離脱症状が出た。人によって様々で、イライラ感、食欲不振、便秘などがあるようだが、私の場合は「夜中に突然目が覚める」である。何の前触れもなく突然目が覚めるという日が何日か続いた。そのうち離脱症状もなくなり、晴れて「卒煙」となった。
 
 8カ月前にやめたものを今になってなぜ公開するか。それは違法薬物の摂取をした女優の話が衝撃的であったからだ。タバコは違法ではないが、違法薬物と同様に身体にいいことはない。ただ、タバコはやめることが出来るということを知って欲しいし、違法なものは取りつかれてしまう恐ろしさがあることを知るべきだと考えたからだ。
 
 長期戦で計画を立てればタバコをやめることが出来るといえる。大好きなセブンスターやめた私が言うのですから間違いないです。ちなみに、今でも口さみしいと思うことはありますが、コーヒーやミネラルウォーターを飲む毎日が続いており、それなりに美味しい時間を過ごしています。ぜひ。
 
 
☆ 人気ブログランキング(国内ニュース)に参加しています。クリックのご協力をお願いいたします。
 
★ 私、タバコやめました。”禁煙セラピー”で「卒煙」した日(本ブログ・2010/1/29)

【運営者より】

 期間限定で桜を降らせています。
 
バグなどではありませんのでご安心を。 
 
 
 
 
☆ 人気ブログランキング(国内ニュース)に参加しています。クリックのご協力をお願いいたします。
 
 
 

健全な営業電話

  
 母の携帯に金融機関から電話があった。何でも保険のサービスを始めたということで、興味があればパンフレットを送付するので住所を教えて欲しい、ということだった。母はその商品に興味が無かったことと、住所を聞かれたことに不信感を覚えて私に相談してきた。
 
 考えてみると、金融機関から電話連絡が来ることなんて今まで記憶にない。郵便物が来るのも年に一度あるかないかくらいのものであり、そうした電話を不審だと感じるのもよく分かる。
  
 かかってきた電話番号をネットで検索すると、どうやらその金融機関の関係事業部署らしい。さらに、その金融機関を調べて相談窓口に電話で確認してみた。
 
 「そちらで保険のサービスをしていますか?」
 「はい、弊社では確かにそういう商品を取り扱っております」
 「かかってくるであろう電話番号を教えていただけますか?」
 
 すると、母へ着信があった番号と一致し、不審点が無いことがはっきりした。しかしながら、前述の点を相手方に言うと、「不信感を抱かせていただき、申し訳ございません。今後はそういう案内を一切致しません」と約束してくれた。
 
 ここで、「振り込め詐欺」の類いではないかと思った2点を挙げると、
 
 1. 金融機関から電話で営業されたことが今までない。
 2. 過去に事例があったが、着信のあった電話番号も、技術を持った者であれば偽装できる可能性がある。
ということである。
 
 普段から「怪しい電話には呼応するな」、「個人情報は言わなくてよい」、「私が『交通事故を起こして示談金が必要』と言っても助けなくてよい」と伝えてある。
 
 これだけ「振り込め詐欺には気をつけよう」と言っても、金融機関も少々配慮が足りなかったのではないか。保険という、年配者であれば気になるサービスを電話で営業し、住所まで聞き出そうとすれば気味の悪い話である。
 
 実際には怪しい電話でも何でも無かったが、金融機関を名乗り、それらしい電話番号を通知されるととりあえず信じてしまう心理が働くこともある。特に携帯電話は番号が発信されていれば、相手方がある程度責任を持って「名乗っている」と信じることもある。
 
 ネット上の情報もしかりである。ツイッターのようなSNSで流された情報をあたかも真実であると錯誤し、不用意にその内容を拡散することがある。発信する側も受ける側も留意しなくてはならないことである。
 
 疑うことが大事である。現代社会では「信じない方が救われる」ことがあるくらいで、本当なのかどうか調べてから発言や行動を起こしたほうが良い。
 
 くだんの金融機関窓口では、「今回は申し訳ありませんでした。しかしこれも何かの縁ですから、是非当社のサービスを」と言ってきた。縁を切りたいから電話をしたのだ。
 
 
☆ 人気ブログランキング(国内ニュース)に参加しています。クリックのご協力をお願いいたします。
 
★ ガイドが実証 発信者番号の偽装は簡単だった!発信者番号の偽装にだまされるな!(All About・2005.2.19)
★ 発信者番号が偽装されて着信する通話について(電気通信事業者協会)
★ 発信者電話番号が偽装されて着信する通話について(NTTドコモ)
 
 

【管理者より】読者の皆様へ

 こんにちは。
 アクセス解析によると、本ブログに来ていただいている15%程の方がリピーターとなってくださっているようです。
 
 さて、コメント欄を閉じておりましたが、過去のコメントも含め、試験的にコメント欄を解放させていただきます。
 
 よろしくお願いいたします。 
 
【2018/6/20 追記】
 
 コメント欄は閉鎖いたしました。
 
 今後は、各SNSサービスで本ブログ内容を共有していただき、そちらでコメントしていただけると幸いです。よろしくお願いいたします。
 
Nono
 
 
☆ 人気ブログランキング(国内ニュース)に参加しています。クリックのご協力をお願いいたします。
 
 

未熟と早熟

lylic
 
 一般的に、若いときと言うのは恵まれている。お金に困らず、時間は無限に使うことができ、親が守ってくれて社会も味方してくれる。周りには友人がいる。
 
 大人になるとそうはいかない。お金は十分使えず、時間は限られており、周囲は守ってくれず、友人は遠くにいる。 
 
 しかし、物事は見方を変えることで理解の範囲も広がる。
 
 基本的に、未熟者は役に立たない。自分では稼げず、時間を浪費し、親に甘え、社会と敵対する。周りの多くの友達には迷惑をかける。
 
 早熟すると、大人になると、お金は自由に使え、時間は調整でき、周囲を守ってあげることができる。遠くの友人に会いに行くことができる。
 
 どうやら、物事発生の芽というのは完熟するまでに様々な過程や変化があり、熟する実の色は決まっていないようである。

 
 
☆ 人気ブログランキングに参加しています。クリックのご協力をお願いいたします。