千葉・柏の”通り魔”、女子大生の虚偽と判明 軽犯法違反で送検 千葉県警

 千葉県柏市で7日、女子大学生(20)が「男に切られた」と交番に届けた事件は、この大学生の虚偽申告だと分かった。千葉県警柏署はこの大学生を軽犯罪法違反(虚偽申告)で千葉地検に書類送検する。
  
 大学生は7日午前、柏署新柏交番に「自宅近くで男に切られた」と届けた。左脇腹に4カ所の切り傷があったが、大学生が着ていた洋服などが破れていないことなど不審点があったため同署で調べていた。
  
 まずはこれで柏の”通り魔”事件が解決したことになるが、女子大学生は肝に銘じなくてはならないことがある。この虚偽申告によって、必要のない警察力を動かしたこと、そして何よりも地域住民を不安にさせたことである。
 
 隣接する埼玉県三郷市の通り魔事件では、男子高校生が殺人未遂容疑などで逮捕されたが、まだ他に通り魔がいるのではないかと保護者や子供を恐怖に陥れたことは断罪されなくてはならない。茨城県下妻市で起きた”通り魔”も”被害者”である女子中学生の虚偽だった。虚偽申告の模倣の連鎖だ。
 
 今回は軽犯罪法違反で検挙となったが、警察や学校に警戒を余儀なくさせたということになれば、威力業務妨害で逮捕されることもあり得る。「みんなの気がひきたかった」と話しているそうだが、大学とはそんなに寂しいところなのだろうか。
 
 友達の有無や人数を問題にしているのではない。寂しい大学生活というのは、独りで黙々と勉強したり何か打ち込むことができない状態のことである。自分の寂しさを紛らわすために取った今回の行動は、大学生にしてはあまりにもつたなすぎると反省しなくてはならない。
 
 
☆ 人気ブログランキング(国内ニュース)に参加しています。クリックのご協力をお願いいたします。
 
★ 千葉の女子大生「切りつけ」はうそ 「気ひきたかった」(朝日新聞・11/12/17)
★ 柏で女子大生切られる 茨城では中1女子生徒が 模倣犯か(本ブログ・11/12/7)
 
 

(Visited 29 times, 2 visits today)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA