リポーターの奥山英志さんの遺体を都内で発見 DNA鑑定進める 警視庁(2011.12.10)

 リポーターとして活躍し、3月11日の東北地方太平洋沖地震〔東日本大震災)発生直後に行方不明となっていた奥山英志さん(失踪当時61)=川崎市多摩区=とみられる遺体が東京都内で見つかっていたことが9日、産経新聞の取材で分かった。その後の12日、遺体は奥山英志さんと確認された。
 遺体は4月に、東京都調布市の神代植物公園にある個室トイレで首を吊った状態で発見された。司法解剖の結果、事件性はないと判断された。発見当時は身元不明であったが身体的特徴などの周辺情報から奥山さんの可能性が浮上した。警視庁でDNAや指紋の鑑定作業を行っている。同公園は奥山さんの自宅から多摩川を挟んで5キロほどの距離になる。
 奥山さんは川崎市内のマンションで1人暮らし。震災の直後には安否が確認できていたが、今年5月に所属事務所の吉本興業が家族から「連絡が取れない」と知らせを受け、家族とともにマンションを訪れたところ、室内は無人だった。その後連絡が取れない状態となっていた。
 奥山さんと親交の深かった、芸能レポーターの前田忠明さんは「もし自分の命を絶つようなことがあればその痕跡があるはず。それがない」とし、同じくレポーターの武藤まき子さんは「取材で自殺をした人の事件の現場に行っても、『ああいうことは絶対にいけない』と大きな声で言う人だから自分で命を絶つことは考えられない」と語っていた。
 
 奥山さんは震災直後に行方不明になったが、故郷が南相馬市だったこともあり、現地に赴いているのではないかと前田さんらは推測。家族や所属事務所関係者が神奈川県警多摩署に捜索願を出していた。奥山さんと断定されたのは、所持品や指紋照合などによるもので、家族が所持品を確認した。
 
 
★ リポーター奥山英志さんと確認、公園で自殺か(読売新聞・11/12/12)
★ 奥山英志さん遺体? 発見は神代植物公園(産経新聞・11/12/11)
★ TVリポーター・奥山英志さん不明 奥山さんとみられる遺体、公園で首をつった状態で発見(FNN・11/12/11)
★ 行方不明の奥山リポーターの遺体か 警視庁で身元確認進める(iza・11/12/10)
★ どこに行ってしまったの? 大分・北海道・川崎 行方不明になった人(本ブログ・11/9/15)
 
 

(Visited 35 times, 1 visits today)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA