言葉のリサイクル 1

君に逢う 去年の夏
心臓の鼓動は コントロールできない
このビートで 曲を作って
一番のラブソングを君に贈りたい
ただ君のために
いつでも 歌詞とラブレターは同じものだと思う
眼を閉じて 僕の指揮についてきて
一緒に歌おう
リップでの遊びを教えてあげる
それで僕への愛の告白方法をきいてもいいよ
たくさんの愛を 約束してあげる
花束は僕たちの愛への前章なんだよ
さえない言葉 冴えない文章
このままじゃ死んでしまうよ
でも君の手をとって連れ出したほうが
簡単だと分かるんだ
ただ君のために
いつも 君がたくさんの夜景を見たいということ
知っているからね
僕は星じゃなくて 君が見たい
一緒に歌おう
 
 
☆ 人気ブログランキング(国内ニュース)に参加しています。クリックのご協力をお願いいたします。
 
 

(Visited 12 times, 1 visits today)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA