女子生徒が襲われる事件4件目 中年の男逃走 愛知・一宮(2010.7.1)

 30日午後、愛知県一宮市内の路上で、市立中学2年の女子生徒(14)が後ろから近づいてきた男に突き飛ばされて田んぼに落ちた。女子生徒は擦り傷をひざに負うけが。愛知県警では暴行事件として調べている。
 
 県警一宮署によると、男は30〜40歳くらいで、身長約170センチの小太り、黒の短髪、白のTシャツに黒の半ズボン姿だった。男は女子生徒の後ろから近づき、無言のまま左手で目を覆って、右腕を首に回すようにして田んぼに突き落とした。女子生徒は近くの民家に駆け込み、この家の主婦(30代)が110番通報した。
 
 同市内では1月と4月に女子生徒(15,17)が顔を殴られるなどし、6月には高校3年の女子生徒が男に刃物で切られる殺人未遂事件が起きた。同県豊田市では平成21年12月に、女子生徒がカバンを奪われて殺害される強盗殺人事件が起きている。以上の事件はすべて未解決だ。
 
 犯人の特徴が出ていることから、付近の防犯カメラの解析などが期待される。それと同時に事件を防ぐ手立てが必要である。一宮市によると、同市の犯罪発生件数は県内でワースト上位を占めているという。そのために、パトロール活動をするボランティアなども積極的に活動した結果、犯罪件数も減少傾向にあるようだ。
 
 事件が立て続けに起こっていることで、市民のかたの防犯意識も高まっていることであろう。”検挙に勝る防犯なし”が叶うことが一番だが、しばらくは住民のかたの緊張状態は続くことになるかもしれない。正体の見えない犯人は不気味である。そんな犯人検挙に効果的なのは、悪を憎むということである。憎むことで隙を与えることはなく、悪いやつよりも確実に強くなれる。そして強くなれば、街から悪漢どもを追い払うことができる。一宮の町に平穏な日々が訪れることを切に願う。
 
 
☆ 人気ブログランキング(国内ニュース)に参加しています。クリックのご協力をお願いいたします。 
 
★ 不気味な通り魔事件 過去の事件との関連は 女子生徒殺人未遂 愛知・一宮(本ブログ・10/6/13)
★ 女子狙う暴行、愛知・一宮で相次ぐ 半年4件、関連捜査(産経新聞・10/7/1)
★ また女子中学生が被害、襲われる事件相次ぐ 愛知・一宮(朝日新聞・10/6/30)
★ 愛知県警一宮警察署
★ 一宮市/ようこそ市長室へ/エッセイ/市民の力で犯罪を減らしましょう(平成20年・2月)
 
 

(Visited 12 times, 1 visits today)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA