世の中は狭い 犯人を見つけた目撃者 札幌

 人生をそこそこ生きてくると自分の存在意義について考えることがある。そもそも生きているのではなくて、何かに生かされているのではないかと考える。生かされているのだとすると、何のために生かされているのかを考える。何らかの役割を担ってこの世に自分というものを授かっているのではないかと考える。
 
 そして生きる上で必要な三要素は、自分を犠牲にする奉仕の心、人を許す寛容の心、そして創造する力ではないだろうか。
 
 北海道警豊平署は9日、札幌市白石区内の無職の男(42)を窃盗容疑で逮捕した。男は同市豊平区内の男性(45)宅に侵入し、現金20万円を盗んだ疑いがもたれている。
 
 男は犯行後、知人に「20万円手に入った」と話した。被害者も同じ知人に20万円を盗まれたことを相談した。つまり、被害者と加害者が共通の知人に話をしたことから、男が容疑者として捜査線上に浮上した。
 
 北海道警厚別署は11日、車に当て逃げをした建設作業員の男(21)を道路交通法違反などの疑いで逮捕した。男は北広島市内で札幌市の男性(63)の車に追突し、そのまま逃走した疑い。
 
 事故目撃者の女性(36)が男の顔を覚えていたが、事故の1時間半後にディスカウントストアで偶然男を発見。たまたま捜査員から事故状況を確認する電話がかかっていたことから、「目の前に容疑者がいる」と伝えて逮捕につながった。
  
 警察官を拝命した人は身を粉にして社会に対して奉仕する心に長けている。被害者は不本意ながら犯罪者に罪を許容した。善悪を創造する力を誤れば、人間は犯罪を犯す。そして事件を知ったり目撃して通報した人は、積極的に”善”を創造した人なのだ。
 
 
☆ 人気ブログランキング(国内ニュース)に参加しています。クリックのご協力をお願いいたします。 
 
★ 世の中狭い!泥棒も被害者も同じ人に「相談」(読売新聞・10/6/10)
★ アッ、当て逃げ容疑者だ!目撃女性、バッタリ(毎日新聞・10/6/12)
  

(Visited 24 times, 1 visits today)

世の中は狭い 犯人を見つけた目撃者 札幌」への3件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA