世の中は狭い 交通違反で同じ警察官に御用 茨城

 茨城県内で酒気帯び運転で切符を切られた男が、1時間半後に運転していたところを同じ警察官に見つかり、道交法違反同容疑の現行犯で逮捕された。
 
 常陸太田市に住む男(43)は20日午後2時10分ごろ、同市内で交通違反切符を切られた。太田署の警察官が男の運転していた軽トラックとともに自宅に送り届けた。しかし同市内で午後3時45分ごろ、男が運転していたところ、同じ警察官に見つかり現行犯逮捕となった。
  
 同じ道交法違反であれば、次の話のほうがスケールが大きい。イギリスでスピード違反切符を切られた男性が、2年後に移住したニュージーランドで同じ警察官に同じ違反で切符を切られたというものである。
 
 アンディ・フィルトン巡査は、イギリスのスコットランドヤード(ロンドン警視庁)で26年間勤務した後にニュージーランドに移住し、警察官として引き続き勤務。ある日、スピード違反取り締まりをしていた時に男性をスピード違反で検挙。男性から「ロンドンで働いていなかったか?」「北ロンドンで取り締まり担当ではなかったか」と聞かれて「その通りだ」と答えたとか。男性の交通違反歴は2回。その2回とも同じ警察官に検挙されたということになった。
 
 男性は「あなただと思った。2年前にスピード違反の切符を交付したんだ」。2人は互いに笑い合ったという。
 
 これが異性なら”運命の出逢い”となるかもしれないが、それにしても遠く離れた地で同じ警察官に違反検挙されることなど希なことだ。そしてこうした経験も同じ国に移住という英語圏の国ならではのエピソードだ。
 
 ただし、酒気帯び運転もスピード違反も大事故に直結する。こうした”出会い”は本来よろしくないこと。交通違反で捕まることは、大事故に遭遇せずに済んだことを考えたい。
 
 
☆ 人気ブログランキング(国内ニュース)に参加しています。クリックのご協力をお願いいたします。
 
★ 世の中は狭い 犯人を見つけた目撃者 札幌(本ブログ・10/6/14)
★ 酒気帯びで切符、1時間半後に同じ警官に捕まる(読売新聞・12/7/21)
★ イギリスとニュージーランドで同じ警官にスピード違反を取り締まれてしまった男性(GIGAZINE・10/12/10)
★ Briton booked for speeding in London and New Zealand by same policeman(The Telegraph/2010/12/8)
 
 

(Visited 115 times, 1 visits today)
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。