9階から9歳男児転落、木がクッションになり一命を取り留める 東京・足立

 29日、東京都足立区千住桜木のマンションで「小学生が落ちた」と通報があった。転落したのは9歳の男の子だったが、木に当たってから転落したため、木がクッションになり一命を取り留めた。男の子は右足骨折の重傷。
 
 警視庁千住署によると、男の子はマンション9階の廊下で友達と遊んでおり、手すりに立ったところで足を滑らせた。
 
 ここ数ヶ月の間に、子供のマンション転落のニュースをよく聞く。大人も子どもも注意しなくてはならないが、この足立の男の子の場合は木がクッションになった。自転車置き場の屋根が同じ役割をした例もある。
 
 男の子は退院したらこの木を見に行こう。枝が裂け、折れてしまっている。痛々しい状態の木を見て何かを感じなくてはならない。でも助かってよかったね。
 
 
☆ 人気ブログランキング(国内ニュース)に参加しています。クリックのご協力をお願いいたします。 
 
★ 9階から男児転落 木で一命を取り留める(日テレNEWS24・10/5/29)
 
 

(Visited 15 times, 1 visits today)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA