格安・月5000円で毎日25分の英会話レッスン「レアジョブ」の無料レッスンを体験

 
 マイミクさんに教わった「レアジョブ」という英会話サイトをのぞいてみた。料金が安い。月額5,000円で毎日25分間の英会話レッスンをすることができる。通信手段はSkype(スカイプ)なので、スカイプのソフトを無料でダウンロードし、IDを取得したあとにこのレアジョブに参加することになる。スカイプはネットを介して会話、スカイプ同士の通話なので無料である。スカイプを利用するには、量販店やネットショップなどでヘッドセットなどを予め用意しておく必要がある。
 
 講師は全員フィリピン人。フィリピン大学在学中の学生か卒業生となっている。日本で言うところの東大に相当する難関校だ。無料体験レッスンでは特に何も考えずに講師を選んで会話を始めた。臨む前に何を話そうか考えていたが、結局何も決めることはできずにそのまま突入した。
 
 本日の講師は20代前半の女性。この女性は英語に若干のなまりはあるが、会話する機会がない者としては満足である。25分という時間もちょうどいい。仕事や趣味の話をして25分が過ぎた。相手がどこの国の人であれ、英語を操れる人と話すことは英会話の勉強になる。さすがフィリピン大学卒業だけあって、経済の話をしたときに「経済は回復すると思う?」なんていう質問もされた。フィリピンでは小学校から英語を習うので、話すことのできる人が多いのだという。彼女は言わなかったが、フィリピンも貧富の差の存在する国であり、誰でも英語を話せるわけではない。
 
 それにしても自分の英語力のつたなさには毎度のことながらがっかりする。がしかし、すぐに次の無料体験予約を入れた。無料体験は2回まででき、講師も毎回選ぶことができる。5000円という破格の値段が設定できるのも、フィリピンと日本の生活物価水準の違い、そしてなんといってもインターネットで完結するぶん余計な費用がかからないこともある。
 
 残念なところと言うと、平日は21時から午前1時までという時間帯しかないということである。もう少し早い時間帯があっても良さそうだが、時差が1時間しか違わない(日本が1時間早い)ことを考えると、時間的な事情があるため仕方がない。講師は学生か仕事を持っている人たちである。なお、土日は9時〜12時と21時〜25時までの間となっている。
 
 スカイプで知らない外国人を探して話をするという手もあるのだが、こちらは「教えてもらいたい」ということが前提にあるので、その要求を満たせる人を探すのは難しい。対価を払うことで向こうも教えるという姿勢が整うことになるので、需要と供給の関係が一致する。
 
 ゴルフの石川遼選手が記者会見で今年の抱負を英語で求められて「日本語でいいですか?」と言うと、隣にいた通訳の人が「英語で!」と強要したという。正確なニュアンスを伝えるためだったためだが、後に「ひどいですよね」と、ふてくされた彼だった。しかし彼はまだ若い。これからゴルフも英語もどんどん新しい要素を吸収していくことになるのであろう。彼の若い脳が羨ましい。
 
 
☆ もう、このへんでいいやと思ったら、そのときは敗北している(広岡達朗)
 
 

 
★ Skypeホームページ
★ オンライン英会話ならレアジョブ 
★ 石川遼、共同会見で「許してください」/ザ・ロイヤルトロフィー(ゴルフダイジェスト・オンライン・10/1/6)
★ 発音するとかっこいい英単語・6(本ブログ・09/12/9)
 
 

(Visited 33 times, 1 visits today)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA