Google独自の携帯「Nexus One」を発表 179ドルから

 米Google社は現地時間5日、Android2.1を搭載したスマートフォン「Nexus One」を発表した。米国内でネットを通じて販売を開始、SIMロックフリー版が529ドル、T-Mobile USAの2年契約バージョンが179ドル。製造はHTCだが、Googleも開発に深く関わった。
 
 3.7インチの有機ELのWVGA(800×400)タッチスクリーン、プロセッサはSnapdragon QSD82509(1GHz)を搭載、内蔵メモリは512MB、ストレージとしては4GBのMicroSDカードが付属、最大32GBまで拡張可能など。サイズは119×59.8×11.5ミリ、バッテリを含む重量は130グラム。
 
 Androidにしてから携帯が楽しくて楽しくてたまらない。iPhoneの人も「楽しい、もう普通の携帯には戻れない」と言う。現在ドコモから発売されているAndroidの最大のネックはバッテリだ。充電に4時間かかるのは大容量ゆえのことなのかもしれないがちょっと辛い。充電以上にあれこれ使っているとバッテリの残量が気になってしまう。こうした不満を恐れてか、ドコモでは最初からバッテリを2つ付属。しかし併せて大容量の予備バッテリを持った方がいい。私は予備バッテリを持つことで万一に備えている。
 
 新しいAndroidは、通話が最長10時間(2G)/7時間(3G)、インターネットが5時間(3G)/6.5時間(Wi-Fi)、ビデオ再生が7時間、オーディオ再生が20時間となっている。
 
 ホーム画面のパネルが3面から5面に増えた。検索機能に限られていた音声による入力が、全テキストフィールドで可能となった。音声でツイッターやSNSサービスなどを利用できる。
 
 あー、うらやましい〜。Googleさん、古い方もどんどんアップデートしてくださいね。そのうち日本にも上陸することになるでしょうね。
 
 
☆ 人気ブログランキング(国内ニュース)に参加しています。クリックのご協力をお願いいたします。
 
★ Google、”スーパーフォン”「Nexus One」発表・直販ストアを開設(マイコミジャーナル・10/1/6)
 
 

(Visited 20 times, 1 visits today)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA