中川元財務相死去 突然の訃報に関係者は

 4日午前8時20分ごろ、東京都世田谷区の中川昭一元財務相宅から119番通報があった。救急隊が駆けつけると中川氏が倒れており、午前8時27分に死亡を確認した。56歳だった。警視庁世田谷署では遺書や検視による目立った外傷は見当たらないことから事件性はないものとみている。家族の同意を得て行政解剖をしたが死因は分からず、病理検査を実施して詳しい死因を調べる。
 
 中川氏の妻(50)によると、朝になって起きてこないことを不審に思い2階の寝室に行ったところ、ポロシャツと短パン姿で冷たくなっているのを発見した。自殺をうかがわせる形跡はなかった。吐血はないものの、若干の吐しゃ物がベッドの上で確認されており、室内の机の上には処方薬が大量に残されていた。最近「眠れない」と話しており、処方された睡眠薬を飲んでいた。妻は3日午前10時ごろ、娘は同正午ごろに中川氏が寝ているのを見たという。
 
 鳩山由紀夫首相は中川氏の訃報を聞いて「突然のことで大変驚きました。ご遺族に対して深くお悔やみ申し上げ、心からのご冥福をお祈りいたします。同じ北海道の国会議員として大変残念です」。
 
 麻生太郎前首相「自民党の再建に向け、次の世代をになう大事な人材だった。衆院選の結果を厳粛に受け止めて再起を期すことを期待していた。今は言葉にならないくらいにショックを受けている」。
 
 谷垣禎一・自民党総裁「今まで体調が十分でないところがあったのを、努めて公務に督励されていた。心配していたが、こんな知らせを聞くとは思っていなかった。有能なかたで、まだこれから日本の政治にも中川さんの力を発揮して頂かなくてはならない局面が必ずあったはずだ。ご冥福をお祈りしたい」とし、さらに「私は当選年次が近く、(麻布)中高の同窓だ。中川さんが当選されたころから仕事だけでなく、個人的にも一緒してきた」。
 
 町村信孝・元官房長官「驚きの一言に尽きる。信じられない」。
 
 みんなの党・渡辺喜美代表「昭一さんのお父さん(中川一郎元農水相)が亡くなられたのが、まだ60歳になる前だったと思う。本当に早い死で残念でならない」。
 
 昭一氏の父、一郎氏の秘書を務めた新党大地の鈴木宗男代表「親子2代の悲報。あまりにも短い人生だった。巡り合わせというか、言葉で表しようがない。一段落したら激励会でもしてやろうと思っていた矢先だった。こういう別れかたをするのなら、話すことがたくさんあった」。
 
 中川氏の父、一郎氏も57歳の若さで亡くなっている。あまりに早すぎる死。酒のトラブルがたびたび指摘されていたが、誰にでもミスはある。要はどう名誉挽回していくかにかかっている。政治家としてのみならず、人として人生まだこれからであった。
 
 関係者が弔問に訪れてインタビューに応じているが、涙する人が多かった。政治家の訃報でこうした光景を見るのはあまりないことだ。中川さんの人柄を表しているのだろう。中川昭一さんのご冥福を心よりお祈りいたします。
 
★ 中川昭一元財務相が死亡 自宅ベッドで、妻が発見 外傷無し、東京・世田谷(時事通信・09/10/4)
 
☆ 人気ブログランキング(国内ニュース)に参加しています。クリックのご協力をお願いいたします。
 
 

(Visited 13 times, 1 visits today)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA