掃除のアルバイトはプライドを捨てる?

 大学在学中に早朝掃除のバイトをしようとしたことがある。規模はそこそこ大きい会社であった。
 
 面接に行くと、年配の男性が履歴書を見ながら言った。
 「うーん、大学に行って、あー、パソコンとかやってるのね。うーん」
 何か不満なのかと思っていると、
 「大学とか行って、パソコンとかやって、でもこういうバイトをするからには、そういうプライドを捨てなきゃいけない」
 
(はっ?!)
 
 「英語とかすきなんでしょう?こういう仕事はね、そういうプライドを捨ててかからないと・・・」
 
 聞いていて我慢できずに遮った。
 
 「いや、それは違いますよ。大学は大学、勉強は勉強、仕事は仕事ですよ。体動かすことがしたかったので」
 
というと、
 
 「ああ、そうかい?」
 
と何となく納得してくれたようだったが、このおじさんはそんなにこの仕事にプライドがないのであろうか。
 
 そもそも、掃除の仕事というのは地味ではあるが、必要な仕事である。
 
 家の周りがきれいなのは、近所のかたが朝掃除してくれるから。会社や大学の建物がきれいなのは、掃除業者の方がきちんと毎日掃除してくれるから。街がきれいなのは、お店や事務所のかたが向こう三軒両隣をきれいに掃いてくれるから。車道がきれいなのは、夜間に清掃作業車が水をまいてきれいにブラシをかけてくれているから。トイレがきれいなのも、毎日掃除してくれる目立たない存在がいるから。
 
 トイレって掃除したことありますか。一日掃除を怠っただけでかなり汚くなる。尿石がこびりつきますから。
 
 男女のトイレ、男のほうが汚い感じもしますが、女性のほうも結構汚い。更衣室も同様。男のほうは何だか知らないけど臭う。女性のほうは臭いはないが、髪の毛や服のほこりが大量に落ちていて、お世辞にもきれいとはいえない。
 
 化粧室という名の場所できれいになった人の後始末をしているのは、目立たない人たちなのだ。
 
 世の中には誰かがやらなきゃいけない仕事というのが必ずある。早朝掃除の仕事は結局時間が折り合わずにだめになったが、あの時あのオジさんに言ってほしかったな。
 
「この仕事は社会貢献のひとつです。ぜひ誇りを持ってやっていただきたい」と。
 
 
☆ 自分を低く評価している人を高く評価する人はいない。(Anthony Trollope)
☆ 人気ブログランキング(国内ニュース)に参加しています。クリックのご協力をお願いいたします。
 

 

(Visited 34 times, 1 visits today)

掃除のアルバイトはプライドを捨てる?」への5件のフィードバック

  • 2009-10-11 @ 10:40 PM
    パーマリンク

    社会の底辺を知ると、そのおじさんの言ったことが少し分かるかもしれません。
    教育というものの光が差さない場所です。
    漢字が読めない、引き算ができない、善悪というものを知らない、そういう世界です。
    「プライドを捨てなきゃならない」は「プライドは必要ない」です。自意識など不要なのです。黙々と作業だけこなせばそれで良いのです。
    昔、お弁当の具を詰めるバイト(そうとう昔です)をしていた時に、リーダー格のパートのおばさんからそう教わりました。
    「あなたのような人間はここにいるべきではない。ここはあなたのいる世界ではない」と。

    返信
  • 2009-10-12 @ 12:25 AM
    パーマリンク

    >あすさん
    コメントありがとうございます。
    社会の底辺とは少々寂しいですね。
    でも、あすさんの言わんとしていることはよく分かります。少なからず、そういった仕事も経験しています。
    ただ、目立たない仕事や隙間産業が日常の生活に当然として存在すること、面接の時のおじさんには思ってほしかったのです。
    少なくとも、これからバイトをしようとしている人にそんなことを言っては、こちらはやる気が失せてしまいます。言う必要のないことであり、「プライド云々」は、仕事している人がその仕事について考えればいいことです。
    目立たない仕事の存在を知りながら、それを見て見ぬふりをしている我々がいると思います。そういう自分の存在もあり、かつ、そのおじさんの発言が少し哀しかったです。
    あすさんのされたバイトは「プライドの必要ない」仕事だったかも知れません。
    でもそこで得た報酬、それだけは忘れたくないと私は思います。

    返信
  • 2009-11-23 @ 4:03 AM
    パーマリンク

    仕事はプライドでするもんじゃない!。。て聞いたことありますか?私はけっこう昔に聞かされました。
    なんかかっこいい言葉ですよね?そう思いませんか?けどこれって。。。たぶん、若いときに、散々プライドを保ちながら仕事をしていて成果を上げ、ある日大きな壁にぶち当たり、それでもプライドを持ってやって、それでもだめで、初心に帰って仕事をやって、壁を乗り越えた。。。そういう人が初めて言える言葉なんだなと。。プライドって悪い言葉、志って良い言葉なんだなって。。俺にはプライドがある!じゃなくて、俺には志がある!になりたいものです。その想いがある限り、どんな仕事でもこなしていける。そんな気がします。プライドってすぐに口にする人間は、多分安い人間なんでしょうね?たぶんですけど。。

    返信
  • 2010-07-07 @ 12:13 PM
    パーマリンク

    来週からビルの掃除に行くことになってまだどんな感じで掃除したら分かりません上手くみんなと仕事する方法ありますか

    返信
  • 2010-07-07 @ 8:13 PM
    パーマリンク

    > はじめましてさん
     
     こんばんは。
    一番最初に経験したアルバイトが「銭湯の掃除」でした。
    夏休みに経験したことでしたが、朝の銭湯は湿度が高くて大変でした。それでも、終わったあとのコーヒー牛乳がうまかったことを思い出します。
     
     掃除は手を抜けば露骨に人に知られてしまいます。どんな仕事にも言えることですが、手を抜かずに誠心誠意やることです。掃除はきれいにして当たり前なので、知らない誰もが評価を「してくれません」。クレームがないことが、最高の評価となるのです。

    返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA