全焼のトトロの家、宮崎監督協力で再現へ 東京・阿佐ヶ谷

 今年の2月に不審火によって全焼した東京・杉並区阿佐谷北にある”トトロの家”が宮崎駿監督のデザインによってよみがえることとなった。杉並区ではスケッチを同監督から受け取っており、公園として整備する。
 
 昭和初期に建てられた洋風の木造住宅を、かつて宮崎監督は「トトロが住みそうな家」と紹介した。赤い屋根が特徴の家の周りには草木が生い茂り、周辺には一般的な住宅が密集している中で異彩を放っていた。
 
 焼けてしまった木々は伐採せずに焼け残った赤瓦や家の土台も残して”リサイクル”する方針。宮崎監督は「あの家の記憶をとどめるような公園になり、町に彩りが添えられれば」と話している。
 家主である元デザイン学校教員の近藤英(えい)さん(85)が住み、家屋や草木の世話を続けてきたが、2年前に高齢などを理由に隣にある両親の実家に転居すると、保存を求める地域住民やファンら6千人を超える署名が集まった。杉並区は昨年、土地と隣接する駐車場を地主から買い取り、計830平方メートルの公園にする計画を決めた。
 
 しかし今年の2月14日に不審火により全焼、草木も3分の1が消失した。白紙の状態から作り直すことも検討されたが「偽物を作っても仕方ない」と、既存のものを利用して公園に整備する。
 
 現場周辺は住宅密集地であるが静かな住宅街。今年の1月に阿佐ヶ谷に行ったが、商店なども減っており、新しいマンションやアパートが建ち並ぶようになった。その一方でJR阿佐ヶ谷駅を南北に縦貫する中杉通りはけやき並木が美しい。
 
 そんな道の少しはずれにトトロがいるかもしれない想いを馳せるのも楽しい。きっとトトロはいるのであろう。それを信じて足を運べば。トトロは緑あるところを飛び回っていることに違いない。そして阿佐ヶ谷にひょっこり顔を出すこともあるにちがいない。
 
 
☆ 人気ブログランキング(国内ニュース)に参加しています。クリックのご協力をお願いいたします。
 
★ トトロの公園、再び 宮崎駿監督デザイン、東京・杉並に(朝日新聞・09/9/6)
★ 「トトロの家」全焼 東京・杉並(本ブログ・09/2/14)
 
 

(Visited 29 times, 1 visits today)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA