生きる上での道しるべ

 生まれつき全盲で上野学園大学3年の、辻井伸行さん(20)が快挙を成し遂げた。「バン・クライバーン国際ピアノコンクール」の結果が日本時間8日未明に発表され、辻井さんは中国人ピアニスト張旻辰(ちょうびんしん)さんと並んで1位を勝ち取った。国際的なピアノコンクールで全盲ピアニストが1位になったのは初めて。日本人による同コンクールでの最高入賞者は、1969年の野島稔さんの2位であった。
 
 辻井さんは書類選考で残った151人から、決勝の6人に残り、ショパンのピアノ協奏曲第1番、ラフマニノフの同第2番、そしてベートーベンの「熱情」を弾いて観客を熱狂させた。「とにかく自分の力が出し切れたので幸せです。お客さんが感動してくれたのが一番嬉しい。テキサスの観客はとても温かかった」と辻井さんはコメントした。
 
 パソコンのタッチタイピングですら間違える私には信じられない快挙だが、辻井さんは1歳3ヶ月の時に母親が歌った「ジングルベル」のメロディーを覚え、すぐにおもちゃのピアノで演奏した。その後は4歳から本格的にピアノを習い、7歳で全日本盲学生音楽コンクール・ピアノの部で1位になり、10歳ではオーケストラと初共演してプロデビューした。
 日本では7日、新人音楽家の登竜門となる第28回飯塚新人音楽コンクールの本選が福岡県飯塚市であり、ピアノ部門で東京芸術大院1年の吉武優さん(23)が1位となった。吉武さんは、昨年の6月8日に東京・秋葉原で起きた連続殺傷事件の犠牲者の当時同大4年生の武藤舞さん(21)の同級生であり親友だった。亡き友への感謝と鎮魂の思いを込めて弾いたという。
 
 吉武さんは東京芸大音楽学部に進み、録音技術を学ぶ武藤さんと知り合った。いろいろな作業を手伝ってもらい「無理な頼みにもニコニコしながら応じてくれた。卒業後も一緒に仕事をしたいと思っていた」。事件後には「お葬式に出ても信じられなかった」という。8日には帰京して事件現場で結果を報告する。
 
 秋葉原の事件の加害者である加藤智大被告(26)は、社会での孤立を理由に凶行に及んだ感がある。自由とは社会になじむこともできれば、その反対に孤立することもあるのだ。五体満足に生まれた加藤被告は何の不自由もなく生きてきたはずだ。辻井さんは全盲という不自由を抱えつつも、耳で情報を集め、それを音として表現する人生を選んだ。目が見えなくても、演奏することで周りが驚き、喜んでくれることに生き甲斐を見いだしたに違いない。
 
 生きることは目で見ることではない。耳で聞くことでもない。口で話すことでもない。体感することこそが生きる上での唯一の道しるべとなりうる。社会を敵に回す犯罪者の多くは、見ようともせず、聞こうともせず、話そうともしない。こうした者の多くが、自分を変えようとする努力、それを怠る障害を抱えている。
 
     
☆ 人類には次の三つのタイプしかいない。 一つ目は、死人。二つ目は、死んでいないが、ただ生きているだけの人。三つ目は、海に向かって旅立つ人(プラトン)
 
☆ 人気ブログランキング(国内ニュース)に参加しています。クリックのご協力をお願いいたします。
★ 辻井伸行さん;全盲のピアニスト、バン・クライバーン優勝(毎日新聞・09/6/8)
★ 君が支えてくれたから 亡き友に捧ぐ調べ、1位に輝く(朝日新聞・09/6/8)
★ 秋葉原殺傷事件から1年 献花台で冥福祈る(産経新聞・09/6/8)
★ 死刑は反対 〜秋葉原の無差別殺傷事件〜(本ブログ・08/6/9)
★ 東京・秋葉原で無差別殺、25歳男を逮捕(本ブログ・08/6/8)
★ 秋葉原で自殺志願の男性保護(本ブログ・07/12/22)
★ 全盲の先生(本ブログ・08/8/15)
 
 

(Visited 15 times, 1 visits today)

生きる上での道しるべ」への2件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA