悪に便宜図る公務員たち

 堺市にある大阪刑務所の複数の刑務官が、服役中の暴力団関係者に便宜を図った見返りに金品を授受していた疑いが浮上した。大阪矯正管区などが調査しており、事実が判明次第処分する。
 
 受刑者が外部の人間と連絡を取れるようにする「ハト行為」をした見返りに、受刑者から金品を受け取ったという内部告発があった。さらに、受刑者が「要求を聞かなければ金品の授受を外部にばらす」と刑務官を脅していたという疑いもあるという。
 この刑務所では昨年6月に刑務官が受刑者に処遇で便宜を図り、見返りに現金30万円を受け取った収賄容疑で大阪地検に逮捕されている。
 
 また今月には、警視庁玉川署留置係の男性巡査長(27)が強盗傷害罪などで拘置中の男(21)から500万円を脅し取られる事件も起きた。巡査長が勤務中に携帯電話を使っていた事を”ネタ”にタバコを吸わせるなど便宜を図り、「これまでの事をバラされたくなければ金を払え」と脅したというものである。男は福岡県大牟田市の被告で、警視庁に恐喝容疑で逮捕された。容疑を否認している。
 以前には徳島刑務所で、刑務官が複数の受刑者に暴行される事件も起きた。福岡では男性巡査長(45)が出会い系サイトで知り会った女性に絡み、暴力団員から暴行された後に現金を脅し取られた事件も起きている。
 
 本来、威厳や強い権力があるはずの公務員が悪党からいいように利用され、恐喝までされている。玉川署の事件では、制服警官が署内で恐喝されているという異常な事態だ。こうした法の執行官が弱体化していないだろうか。
 
 2007年に団塊の世代が大量退職した。経験豊富な警官や刑務官は、どんな事態に遭遇してもうまく収拾を図った。徳島刑務所の事件でも、かつては受刑者を威圧し、うまくトラブルを乗り切るベテランがいた。しかしそんな大先輩たちが退職し、まとめ役が少なくなり、現場は不穏な空気を読めなくなってきているのであろうか。
 
 法の執行官の年齢が問題ではない。毅然とした姿勢が一般人より特に求められる仕事だ。それに携わる者はそのプライドさえ忘れなければいい。警棒や拳銃が人を威嚇するするのではない。制服を着た法の番人はそれだけで威圧効果がある。その効果を維持するためには強い危機意識と規範意識が求められる。
 
  
☆ 真の勇気は、第三者の目撃者のいない場合に示される。(ラ=ロシュフーコー)
 
☆ 人気blogランキング(国内ニュース)に登録しています。クリックのご協力をお願い致します。
 
★ 刑務官が受刑者に便宜か 大阪刑務所(産経新聞・08/12/12)
★ 拘置中に警官から500万、恐喝容疑で21歳無職を逮捕(読売新聞・08/12/3)
★ 暴力団やりたい放題!警官を暴行&恐喝(スポニチ・08/10/21)
★ 受刑者が刑務官に暴行 徳島刑務所(本ブログ・07/11/28)
 
 

(Visited 17 times, 1 visits today)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA