懐かしいユーロビート

 80年代後半から流行っていたユーロビートが懐かしい。当時はレンタルCD屋で借りまくってテープにダビングしていた。
 
 まだレコードの息があった時代でもあり、テープへの録音というのはちょっとした職人技であった。
好んで90分テープに色々な曲をダビングしていた。60分テープだと短いし、120分テープは切れてしまう恐れがあったため90分だ。
 
 レコードの曲名の横に演奏時間が記してあるものはよかったが、無い物は溝の大きさ、例えば1センチで約4分半などと決めて(または賭けて)録音した。そしてテープの残量も気をつけなくてはならない。これも目視で「この曲ならギリギリ入る」と決めて(賭けて)作ったものである。車で旅行に行こうものなら、そのためのオリジナルテープを丁寧に作ったものだった。
 
 今はiPodなどで簡単に曲を大量に持ち運べる。オリジナル曲を集めたテープなどわざわざ作る必要もなく大変便利になったと思う。
 
 数年前、FMの夕方の番組で、リスナーが「曲は何となく分かるけど曲名が分からない」というものを、ラジオ局の留守番電話に鼻歌で録音、それをスタッフが聞いて誰の曲が調べてオンエアーするという番組があった。
 
 リスナー「えーと、ユーロビートが流行っていたころの曲で、女性グループだったと思います。ラララ〜」という具合に歌った曲、スタッフが見事探し当てた。私もその鼻歌を聴いていて、「もしかするとあれかもしれない」と思ったのだが、ズバリ当たった。それを探したスタッフも凄い。その曲は「How Deep Is Your Love」という曲で「Super Love」というグループが歌っていた曲であった。
 
 
☆ たびたび、直感が頼みの綱になる。(ビル・ゲイツ)
 
☆ 人気blogランキング(国内ニュース)に登録しています。クリックのご協力をお願い致します。
 
 

(Visited 125 times, 1 visits today)

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください