いよいよ北京五輪開幕

 どうも今ひとつ盛り上がりに欠けているのは私だけだろうか。間もなく北京五輪が開幕するが、今年に入ってから中国は何かと話題に事欠かなかった。聖火リレーでは世界で妨害行為が続き、沿道はそれを見守る現地市民ではなく、赤い国旗を大きく振った中国人が占拠する異様な雰囲気であった。
 
 そしてチベットへの弾圧は国際的な非難を浴びることとなり、記録的な被害を出した四川大地震が発生、中国当局は各国からの支援を受け入れることとなった。こうした事案がなくとも中国国内の食の不安や大気汚染などに懸念を示すアスリートもおり、一部は参加を取りやめた。
 
 そしてここにきて不安な材料がテロである。新疆ウイグル自治区では国境警備隊施設が襲撃され、警官16人が死亡、16人が負傷する事件があった。ここでは「東トルキスタン・イスラム運動(ETIM)」が活動しており、雲南省でおきたバス連続爆破事件では同一組織が犯行声明を出し、北京五輪を標的にすると警告している。
 
 中国当局はなんとしてでもテロから五輪を守らなくてはならない。中国が世界に開かれた国として認められるための大きな試金石となるだろう。不要な情報統制はかえって混乱を招く。各国から集まる報道陣に対して、報道規制することのないようにお願いしたいところだ。
 
 メダルの数も気になるところではあるが、ここ数日間でテロが頻発している状況を考えると、テロの不安がよぎってしまう。現地入りした各国応援団も現地の情報には注意を払って欲しいところだ。平和の祭典の名にふさわしく、世界が一つになることを望んで止まない。
 
 
☆ 決して失敗しないのは、決して挑戦しない人たちだけである(イルカ・チェース)
 
☆ 人気blogランキング(国内ニュース)に登録しています。クリックのご協力をお願い致します。
 
 
 

(Visited 18 times, 1 visits today)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA