番号が覚えられない

 携帯電話がなかった頃、近所の女子大寮の前にある公衆電話には夜、列ができていた。すぐには終わらない長電話。手には何も持っていない。番号を知っている人にかけていたのだろう。
 
 思えば、よくかける番号は覚えていた。家の電話、友人、知人。強引な語呂合わせで何とか覚えた。またはプッシュホンの数字の並びで記憶した。
 
 携帯電話の時代到来し、そんなに番号を覚える必要性もなくなった。すべてはケータイ任せにすればいい。名前を呼び出せば相手には繋がる。100を超える番号を持ち歩けるのは大変便利だ。
 
 最近の調査で電話番号を覚えられない人が増えているという。簡単に保存できるケータイには、たくさんの番号が入っているが、覚える必要がないからそれで良い。しかし、奇妙なのが「自分の電話番号が分からない」「恋人の電話番号を知らない」ということだ。
 
 ケータイがなかった頃は、電話番号を相手と交換するのはちょっとしたイベントであった。それが異性であれば、特別な個人情報を得たような気でいた。番号はケータイ、漢字変換はPC、だんだん記憶しないで便利であるという現実が、記憶しなくても平気であると錯覚しつつある。
 
 ケータイがないときに限って、連絡したい人はいるものだ。電話番号は番号ではなく、その人に繋がるのだ。
 
 
☆ なたの電話帳を検索して、みんなに電話し、空港まで車で送ってもらえるよう頼んでみなさい。送ってくれる人が本当の友達だ。残りは悪い連中ではないが、ただ知り合いというだけだ(ジェイ・レノ)
 
☆ 人気blogランキング(国内ニュース)に登録しています。クリックのご協力をお願い致します。
 
★ 8割が「電話番号が覚えられない」、5人に1人が「自分の携帯番号を覚えていない」―NTT-BJ調べ(RBBTODAY・07/6/28)
 
 

(Visited 14 times, 1 visits today)

番号が覚えられない」への2件のフィードバック

  • 2007-07-14 @ 10:31 AM
    パーマリンク

    確かに、電話番号覚えなくなりましたね~。
    覚えてるのは自宅、会社、自分の携帯番号だけです。
    自宅の番号書くとき、会社の番号を書きそうになります。
    市外局番が同じなので…
    彼氏の番号なんて覚えてませんでした(^^;

    返信
  • 2007-07-15 @ 12:45 AM
    パーマリンク

    自分の家、携帯、実家、バイト先、元カノ
    の番号は覚えています。
    昔は本当によく覚えたものですけどね。
    例えば、昔住んでいた家の番号5カ所をまだ覚えていますよ。
    コメントするときの認証コード、面倒くさいですね(笑)

    返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA