インターネット歴10年

今年でインターネット歴が10年になりました。
 
・思えば最初はダイヤルアップ。モデムがプロバイダに電話をかける。
 
・プロバイダが混雑していると電話回線が遮断され、またリダイヤル。
 
・せっかく繋がっていても、深夜は混むので重い。
 
・最初に見ていたのは海外のサイトがメイン。国内のサイトは今のように充実していなくて、Yahoo!ですら存在しなかった。
 
・そんなわけでみていたのはもっぱらエッチなサイト。
 
・今のように繋ぎっぱなしではなく、従量制だったので繋いだ分ぷろばいだから、そしてNTTからは電話料金がかかる。
 
・月の請求が3万円になったときに慌ててインターネットをやめる。
 
「インターネットは金がかかる」
 
・深夜族の味方「テレホーダイ」が登場。ネット再開。
 
・ホームページ開設。
 
・ドメイン取得。
 
・そのうち「繋ぎっぱなしプラン」が当たり前になる。
 
・メーリングリストをやってみるも、メールをやっている人が周りに殆どいなくてやめる。
 
・友人がブログを始めるというので真似して始める。
  
・mixiにも参加。
 
 モデムが電話かけるときの音。「ピーガー」ですが、昔からPCやっている人なら懐かしかったはず。フロッピーディスクが流行る前、テープでプログラムを読み書き(LOAD、SAVE)していたのですが、その音とモデム音が同じ。ゲーム一つやるのにも、テープで3~5分読み込ませないといけなかった。
 
 今じゃ二度とそんなことしたくないけど、懐かしい思い出です。
ネット上で犯罪が起きるなんて夢にも思わなかった。
  
 
☆ 人気ブログランキング(国内ニュース)に参加しています。クリックのご協力をお願いいたします。
 
 

(Visited 16 times, 1 visits today)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA