塾講師は法学部生

 京都での信じられない出来事。犯人の男で大学生(23)は法学部の学生であった。法を守る立場を目指していたはずの男の卑劣な反抗。そして、また何ら落ち度もない子供が犠牲になった。
 
 この学生は強盗致傷で逮捕歴があり、今年3月まで停学処分を受けていた。
 
 何故、その時に退学処分にしなかったのだろうか。
 
 成人に達したら、過保護な扱いは必要ない。「こんなことをすれば、どうなるか」を教えてこそ教育ではないか。
 
 退学になって、「もう一度やり直そう」と思ったときに、過去の過ちと冷静に対峙できるのである。しかし、この手の事件を起こす者に反省する機会など与えたくない。
 
 歪んだ思いこみが、起きなくてもいい事件を起こしてしまった。
 
 
☆ 人気ブログランキング(国内ニュース)に参加しています。クリックのご協力をお願いいたします。
 
★  〈京都小6〉ショックと怒り(毎日新聞・05/12/10)
★  学長からの緊急声明(同志社大学)
★  法学部長からの緊急声明(同志社大学)
 
 

(Visited 14 times, 1 visits today)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA