科学を悪用した女子生徒

 小学校の頃、科学部に所属していた私は、仲間と炭酸水を作ったことがある。その校内発表会のとき、「それではこの炭酸水を校長先生に飲んでいただきたいと思います!」というと場内は拍手喝采。「アポなし」だったため、校長先生はご自身の顔を指さし「わたし?」という感じで驚いていたが、快く飲んでくださった。
 
 「うまい!!」
 
と校長先生。場内はまたまた拍手である。
 
 正直、そんなに美味しいものでもなかった。炭酸に甘味を加えただけの質素なもの。それでも僕らは、初めて作った炭酸水に満足していた。水に対して、この粉はこれくらいがうまい、いや、もっと少ない方がいい、炭酸が多すぎる、と、たかが炭酸水に侃々諤々。
 
 科学に接したことは楽しい思い出だった。きっと、そんな幼い気持ちが、将来の科学者を生み、医療や最先端技術で活躍するのかもしれない。
 
 しかし、オウムの事件では化学の知識が悪用され、松本と東京で多数の死傷者を出した。松本の事件では、薬品知識がない警察が無実の人を犯人に仕立てた。
 
 先日は静岡県内で、県立高校の女子生徒(16)が母親に劇物のタリウムを摂取させ、殺人未遂容疑で逮捕された。母親は意識不明のままだという。この生徒は高校で化学部に所属、劇薬物の知識が豊富らしい。
 
 この女子生徒が、炭酸水を作る楽しみをもし知っていたら、そしてそれが人を喜ばせることを知っていたら、科学は悪用されなかったはずである。
 
 
☆ 科学は農薬を生み出すが、それを使うなとは言ってくれない(『ジュラシック・パーク』)
 
☆ 人気ブログランキング(国内ニュース)に参加しています。クリックのご協力をお願いいたします。
 
★  母を毒殺未遂容疑の高1女子、ブログで動機示唆 (読売新聞)
 
 

(Visited 8 times, 1 visits today)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA