熱中症にご用心

 10年前に熱中症になった。後から思えば、なってもおかしくない体調であった。
 
・夜勤のバイトを午前3時までしていて、寝不足気味であった。
 
・昼頃、バイト先まで炎天下の下、30分歩いた。その日は「この夏一番の最高気温」を記録。
 
・バイト先のファーストフード店内の「窓際」で6時間ほど勉強。
 
 この時期は大学受験のための予備校に通い、夜勤でバイトしていており、慢性的に体が弱っていた。
 
 そこに、上記の「寝不足」「炎天下の中で歩く」「(クーラーは効いていたが)日の当たる窓際で座っていた」という要素が重なった。
 
 そして18時、貧血。しばらくテーブルに伏していたが、自分のバイトしている店内で寝てしまうのは恐縮だったので、「とりあえず外に出よう」と思って3歩ほど踏み出したら、
 
 記憶がない。
 
 気がつくと、店長が「Nono!大丈夫か!Nono!!」と声をかけてくれていた。
 
「救急車は呼んだのか?」という声も聞こえた。
 
 目撃したお客さんによると、崩れるように倒れ、イビキをかき、手足はけいれんしていたという。救急車では名前と連絡先を救急隊員に聞かれ、意識は取り戻した。
 
 心電図、心エコー(心音図)、脳波、CTスキャン、血液検査をしたが、いずれも正常。
 
 病院側からは何の診断もされずに帰宅することになった。しかし、目撃したかたの証言を信じれば熱中症である、と勝手に判断した。
 
 熱中症は日射病と熱射病の総称で、過度な高温に体がついて行けないときに起こる。老若男女問わずかかり、死に至るケースも珍しくない。
 
 予防策としては、
 
・きちんと睡眠を取る。
 
・食事をきちんと採る。
 
・暑い屋外では休憩と水分を十分にとる。帽子や日傘が有効。
 
・屋内でも、気温が高い場合は適宜休憩を取る。
 
などにご留意を。
 
 ところで、倒れた割には体のどこも痛くなかった。どうやって倒れたのだろう。。
  
 
☆ 人気ブログランキング(国内ニュース)に参加しています。クリックのご協力をお願いいたします。
 
 

(Visited 11 times, 1 visits today)

熱中症にご用心」への1件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA