ウイルスメールは許さない

 
 昨年夏からウイルスメールが凄い。
 
 昨年7月中旬には2人とおぼしき輩からウイルスメールが毎日届いた。
 
 8月にはいると、オリンピック開催期間は止まった。
 
 そしてまた来る。
 
 ウイルスメールは件名が「Hi!」「Delivery Failure」といったものが多い。
 
 私はウイルス削除サービスに入っているので、被害は全くない。しかし、黙って送ってくる闇の犯人に我慢ができず、メールのヘッダ情報を頼りに該当するプロバイダ(東京、関西)に通報した。
 
 ウイルスは来なくなった。
 
 そして、11月にはいるとまた別のプロバイダからやってきた。
 
 3人からだが、そのうちの2件を先日通報。プロバイダからの反応も早く、現在は1人を残してウイルスは来ていない。
 
 もう1人も某大手プロバイダの会員。こいつも許さない。
 
 調べてみると、現在ではウイルスメールを送ること自体は違法とされていない。取り締まりの対象になっていないのである。
 
 それを知ってか、ウイルスは止まらない。しかし、犯人にいっておく。どういうつもりで私に送っているのか知らないが、平穏無事にパソコン生活が送れるとは思わないで欲しい。私は絶対に許さない。陰でニヤニヤしていられるのも今のうちである。
 
※ウイルスメールが来ても、その差出人には返信しないでください。それは無関係の善良なかたなのです。
 
 
☆ 人気blogランキング(国内ニュース)に登録しています。クリックのご協力をお願い致します。
 
 
 

(Visited 16 times, 1 visits today)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA