図書券消える

 
 1960年からスタートした図書券が姿を消す、という記事を読んだ。今後はプリペイド式のカードに一本化されるという。そんなに昔から図書券というものが存在していたのかと驚いたが、デザイン性に優れているプリペイドカードのほうが贈答用としても人気があるという。
 
 図書券は面白い。他の商品券などと違って、当然だが本しか買うことができないからだ。券をプレゼントされたとき、普段買わないような本を読んでみようと思う。ベストセラーにしようか、専門書にしようか、と悩む。どれを買っても、自分のペースで活字を追っていき、内容に引き込まれる時間は無駄ではない。
 
 この紙メディアはなくならないだろう。以前も書いたが、自分のペースで知識や、言葉や、想像力を高められるこんな便利なものはないからだ。学校で紹介された短編集でも買ってみよう。
 
 
☆ A「あなたが一番影響を受けた本はなんですか」B「銀行の預金通帳だよ」(バーナード・ショー・Bの人)
 
☆ 人気ブログランキング(国内ニュース)に参加しています。クリックのご協力をお願いいたします。
 
 

(Visited 26 times, 1 visits today)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA