万引きにつぶされてしまった本屋

 45冊もの本を万引きし、その本を同じ店で売ろうとした男が捕まったニュースがあった。それにしても45冊の本を万引きできるものなのか、と思ってしまうが、万引きは窃盗罪。3年以上14年以下の有期刑であり決して軽い犯罪ではない。
 
 以前、神奈川県内の本屋で万引きした中学生の少年が店主に発見された。反省が見られなかったので店主は警察に通報。警察官が駆けつけ、少年に任意同行を求めたところで少年は逃走、遮断機の下りた踏切に入り電車にはねられて死亡する事件があった。驚いたのはその後の展開。この店主に対して「人殺し」などといった中傷が続いて閉店に追い込まれてしまったのだ。。当然店主には何の落ち度もない。
 
 その後、その本屋や新聞社には激励のメッセージが多数届き、営業を再開させたが、店主はその後も万引きを目撃。しかし、注意ができなかったという。「もうどうしてよいかわからない」と、結局、経営意欲のなくなった店主は閉店させてしまったというものである。
 
 ひどい話である。
 
 万引き被害は多い書店で月に200万円ほどにもなるという。大きな損失だ。最近はデジタル万引きもあり、店側は頭が痛いだろう。本に限らず、商品を手にとって購入を検討する時間は楽しいものだ。加えて、手にしなければ、現物を見なければ購入するのが難しいものもある。犯罪に優劣などないが、犯罪意識が乏しいのが万引きである現実が悲しい。
 
※「デジタル万引き」・・本を買わずに、必要なページをケータイのカメラで撮影する行為。
 
※「万引き」・・「間引き」から転じた言葉。間(すき)をみて引く(盗む)という意味。
 
 
☆ 人気ブログランキング(国内ニュース)に参加しています。クリックのご協力をお願いいたします。
 
★ 本ブログ「夢の国の裏側」(2004/9/25)
 
 
 

(Visited 12 times, 1 visits today)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA