ゲートのない有料駐車場はカメラで見張る→効果あり

 今年に行った川崎市内のステーキ屋さんの駐車場が面白かった。ゲートでの駐車券の受け取りも地面から車をロックする板もない。あるのはカメラだけである。カメラが入出庫状況、駐車位置を記録する方式だ。
 
 帰りの飲食代の精算時に、車で来たことを店員さんに伝えると黄色い紙を渡してくれた。その紙を店の入口にある精算機に入れる。車のナンバー4桁を聞かれるので入力すると、「この車ですか?」という表示とともに、私の運転してきた車が映る。正しいので「はい」を押すと、規定の時間内のために「料金は無料です。ご利用ありがとうございました」という旨の表示になるのである。
 
 これが今新しい駐車管理システムのようである。カメラがあることで犯罪の抑止力となっており、違法な入出庫がなくなったり店によっては万引被害も激減したという。精算しないで出た人も、次の来店時に払うこともあるという。
 
 フラップ板式もゲート式も道路を掘り返す工事が必要になるが、この駐車場システムだと、カメラと精算機の設置だけでよく、おそらく工期もそんなにかからないことは素人の私でもわかる。
 
 カメラによる識別技術が飛躍した。スマホでも顔認証でロック解除ができるようになった。虹彩認証、指紋認証、静脈認証などが増えると、もう何も持ち歩く必要がなくなるかもしれない。
 
 ステーキ屋での思い出は母との外食の最後の場所となった。母はステーキランチを注文し、私のと「ちょっと交換しようよ」と言ってペロリとたいらげた。もしあの店舗に今でも映像が残っているとしたら、完食に満足して微笑んでいる私と母が映っているのだろう。
 
 
★ 増える駐車券&ゲートなし有料駐車場、不正ないのか? 実は不正減少、万引きまで減少(乗り物ニュース・2019/9/23)
 
 

伊藤詩織さんが会見場で持っていたMacのカバーはこれ?

 暴行被害を訴えたジャーナリストの伊藤詩織さん。外国人特派員協会で会見に臨んだわけですが、気になったのは、詩織さんが会見場に持ち込んだMac。このMacについていたプロテクターのようなカバーがとても気になりました。似たようなものを探したんですけれど、多分これではないかというのをアマゾンで発見しました。
 
 おそらく詩織さんのは15インチくらいの大きさに見えました。17インチのカバーはないみたい。やはりアクティブに活動される方にはああいう耐衝撃性のプロテクターが便利なのでしょう。
 
 
 
 
☆ 人気ブログランキング(国内ニュース)に参加しています。クリックのご協力をお願いいたします。
 

 

大手携帯キャリアから格安SIMへ移行して1年経過

 
 大手キャリアから格安SIMへの移行をして1年経過。移行前はNTTドコモを実に19年利用。信頼のドコモだけあって、どこに行っても電波がつながる強さを実感でき安心して利用していました。使っていた端末はSamsung製のGalaxyS4で、こちらも性能的には満足でした。
 
 ただ、長年ドコモを使っていてこれといった大きな特典を感じられなかったという点、そして月額料金に対して不満を抱くようになり、話題であった格安SIMについて調べることとなったのです。
 
 格安SIMに移行するにあたって、調べなくてはならない点がいくつかあります。まず基本料金がどれくらい下がるかということと、これまで使っていたオプションサービスが充実しているかどうかという点です。
 
 実際にドコモから移行したDMMモバイルにはそうした不安を払拭するサービスがありました。
 
 基本プランですが、選んだのは「通話SIM 1GBプラン」というもので、税込み1360円です。ドコモで利用していた「かけホーダイ」のようなプランはありません。通話は30秒で20円となるので、通話を重視すると割高になります。自分から発信することが少ない場合はこうしたプランでも充分ということです。これは1GBのデータ利用が可能で、使わなかった分は翌月に持ち越されるので無駄がありません。
 
 電話を確実に逃さないためには留守番電話サービスは必要です。「スマート留守電」というサービス(税込み313円)があり、留守電アプリを利用することで相手のメッセージをメール添付の音声データで受け取ることが可能です。スマホの電源を切っていても着信の有無がパソコンでも分かるということです。
 
 ちなみに音声は機械的に読み取って「文字起こし」してくれるので、不完全ではあってもそのメールで留守電の内容を読み取ることができます。
 
 大手キャリアのようなリアル店舗がないので、端末故障時の保証サービスが重要となります。セキュリティソフト+端末交換という保証サービスが税込み543円で受けられます。
 
 端末も新しいものに変えました。MotorolaのMOTO G4 Plusで分割購入しています。
 
 直近の月額利用料金ですが、以下全て税込みで基本料金1360円(データ通信1GB)、セキュリティ&端末交換サービス・ユニバーサル料金が543円、端末割賦代金が1903円、留守番サービスが313円で総合計が4119円です。通話発信はなかったので0円です。
 
 ドコモの時が7000円ほどの料金になっていましたが、新たに端末の割賦代金を負担していてもドコモの半分近くまで節約できるようになりました。みなさんもいかがでしょうか。
 
 
☆ 人気ブログランキング(国内ニュース)に参加しています。クリックのご協力をお願いいたします。
 

【簡易レビュー】TOYOTOMI(トヨトミ)石油ストーブ KS-67H(W)


 
 家族が石油ファンヒーターを買うと言い出した。何を言う、ガスファンヒーターがあるじゃないか、前の石油ストーブだってあるのに。聞けば前の石油ストーブの性能に不満があるらしい。石油ストーブはぼんやりと温かくなるところが長所である。ということで、いろいろ検討した結果、トヨトミの石油ストーブを購入した。
 
 結果を先に言うとこれはお勧め。全体が円柱の形をしているおかげで全方位が温かくなる。強力すぎるので調子に乗っていると灯油が早く無くなるので、中央のダイヤルを回して調節する必要があります。
 
 難点を書くと、本体が空の状態で11キロと重いので、これを灯油の近くまで持って行くのは女性だと辛いということです。この本体を灯油のところまで持って行くか、灯油を本体のところまで持って行くかということになります。うちは玄関に灯油ポリタンクを1つ置いてあるので、本体をそこまで持って行って給油します。
 

 ですが、木造17畳・コンクリート24畳に対応できる石油ストーブとしてはなかなかの実力がありますのでお勧めです。上にはヤカンも置けますよ。
 
 
☆ 人気ブログランキング(国内ニュース)に参加しています。クリックのご協力をお願いいたします。
 

 
 

キャッシュレス化で経済活性化?

 
 中国のキャッシュレス化が高速度で進んでいるという。飲食店やタクシー、そして露店での買い物に至るまでキャッシュレス化がすすんでいるという。QRコードが表示されている所にスマートホンをかざすだけで決済が完了する。
 
 スマホ決済が普及している背景には、現金であると偽札をつかまされる心配があるという点、クレジットカードのような与信審査が不要であるということもスマホ決済普及の要因であるらしい。広大な土地をもつ中国ではインフラを普及させることよりも、手軽なスマートホン決済を普及させたほうが速いということである。決済方法は日本のように端末にかざすタイプではなく、QRコードを読み込むタイプが多いとのことだ。
 
 寄付や物乞いの人までQRコードを示している中国だが、経済成長を加速させているのもこのスピード決済が一因であるはずだ。現金を銀行から引き出して持ち歩いて店舗で使う。こうした行動パターンが現金社会の速度を遅くしているに違いない。スマホであれば誰でもどこにでも持って行ける。店舗に手数料を課すクレジットカードよりも普及が早い。
 
 日本では、スーパーやコンビニで会計の列に並ぶと前の人が支払いに時間がかかっている場面に遭遇する。後ろに人がいるにもかかわらず、小銭を一枚二枚三枚と財布から出しているのである。電子決済で一瞬で済むならば、どれくらい人の流れが速くなるだろうと考えた。人の流れの高速化が経済の高速化を産むはずである。少なくとも、レジで並んでいるために時間をとられるのは非常にもったいない。
 
 最近の日本国内では、会計680円で1180円出すと(細かすぎて)「気持ち悪い」と言われることもあるそうだ。おつりを500円きっちり貰った方がおつりを出す店員さんも楽だし効率的だというコメントを見る。しかし、それ以前に効率的なことを普及させた方が日本経済の底上げの手助けになるはずである。他方、日本で現金決済が主流であるのは、治安の良さが依然として高く推移しているということでもある。
 
 
☆ 人気ブログランキング(国内ニュース)に参加しています。クリックのご協力をお願いいたします。
 
★ 現金NGが当たり前、激変する中国「決済事情」(東洋経済オンライン・2017/10/11)
★ 【おつり論争】会計680円で1180円出したら「気持ち悪い」 男性の【悲報」に賛否(J-CASTトレンド・2017/9/12))
 

 

働き方改革

 
 「お客様のいない時間に配達する方が悪い」
 
 「宅急便」を運営するヤマト運輸がかつて時間指定配達サービスをするに当たって語った言葉を覚えている。確かに不在時に配達するよりも効率的に再配達できるサービスは、荷物を配達する方と受け取る方両者に利益があった。しかしネット通販が拡大することによって、指定時間配達が困難になってしまった。
 
 ヤマト運輸の労使交渉では、追随する他の事業所も注目しているという。業界大手のヤマトが送料の値上げに踏み切ってくれれば、当然他の事象所も値上げしやすいというわけである。
 
 ことさらネット通販という身近なものであるがゆえにヤマトの「働き方」に注目が集まっているが、一方で、ヤマト運輸は健全な営業活動であり、あたかも利用者がヤマトに寄り添うような考え方はおかしい、利用者も健全な経済活動をしているだけだ、という声もある。
 
 勿論、利用者にしてみれば、合法的にネット通販などを利用して宅配会社を届けてもらっているだけで、はっきり言って事業所が大変だろうと何だろうと「関係ない」というものの見方も出来る。正しい。
 
 ヤマトに注目したいのは、今の少子化人手不足が如実に表れているライフラインだからである。物流が停滞すれば通常の経済活動にも支障が出る。再配達に関わるコストや排気ガスに交通渋滞を考えれば、無駄なコストはなければない方がよいという考え方が健康的である。
 
 人手不足はサービス業を筆頭にどの事業所でも頭の痛い問題である。人材がいないのではなく、人がいない。人が集まらなければ人を育てて人材にすることも出来ない。
 
 大手ファミリーレストランも、24時間営業の形態から撤退することを決めており、実行に移している。人口比率の波が大きく変わったことに加えて利用者の生活様式も変化した。人々が疲弊し、過労死の問題もある中で、さまざまな会社が働き方を変えようとしている。
 
 前のエントリで「微力ながら宅配ボックスを備え付けた」と書いた。利用者が宅配事業者に気を使う必要など全くないが、それも少しだけ経験のある仕事だからだ。
 
 再配達のシステムが確立していなかった時代、留守の家には気が済むまで何度も何度も車を走らせた。加えて携帯電話もなかったので在不在の確認も出来ず、重い荷物を持って高層階まで運び不在と分かった時の絶望感は今も記憶に残る。
 
 暑い日、荷物を届けると、年配の女性が「ちょっとまって」と言ってアイスキャンディーを差し出した。受け取れません、と断ったが結局頂戴することとなった。こうしたこと、ちょっとしたことが報われるので、ぜひ、ちょっとした改革で働く人たちが幸せになれるように考えたい。生身の人間が働きます、幽霊に働かせるのはもうやめましょう。サイダー味のアイスキャンディーはおいしかったな。
 
 
☆ 人気ブログランキング(国内ニュース)に参加しています。クリックのご協力をお願いいたします。
 
★ ヤマト、労使で合意した「働き方改革」の全容(東京経済オンライン・2017/3/20)