ゲートのない有料駐車場はカメラで見張る→効果あり

 今年に行った川崎市内のステーキ屋さんの駐車場が面白かった。ゲートでの駐車券の受け取りも地面から車をロックする板もない。あるのはカメラだけである。カメラが入出庫状況、駐車位置を記録する方式だ。
 
 帰りの飲食代の精算時に、車で来たことを店員さんに伝えると黄色い紙を渡してくれた。その紙を店の入口にある精算機に入れる。車のナンバー4桁を聞かれるので入力すると、「この車ですか?」という表示とともに、私の運転してきた車が映る。正しいので「はい」を押すと、規定の時間内のために「料金は無料です。ご利用ありがとうございました」という旨の表示になるのである。
 
 これが今新しい駐車管理システムのようである。カメラがあることで犯罪の抑止力となっており、違法な入出庫がなくなったり店によっては万引被害も激減したという。精算しないで出た人も、次の来店時に払うこともあるという。
 
 フラップ板式もゲート式も道路を掘り返す工事が必要になるが、この駐車場システムだと、カメラと精算機の設置だけでよく、おそらく工期もそんなにかからないことは素人の私でもわかる。
 
 カメラによる識別技術が飛躍した。スマホでも顔認証でロック解除ができるようになった。虹彩認証、指紋認証、静脈認証などが増えると、もう何も持ち歩く必要がなくなるかもしれない。
 
 ステーキ屋での思い出は母との外食の最後の場所となった。母はステーキランチを注文し、私のと「ちょっと交換しようよ」と言ってペロリとたいらげた。もしあの店舗に今でも映像が残っているとしたら、完食に満足して微笑んでいる私と母が映っているのだろう。
 
 
★ 増える駐車券&ゲートなし有料駐車場、不正ないのか? 実は不正減少、万引きまで減少(乗り物ニュース・2019/9/23)
 
 

(Visited 24 times, 1 visits today)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA