ホイットニー・ヒューストンさん死去 48歳「ボディーガード」に出演 Queen Of Pops 突然の訃報

 80年代に世界のポップスシーンを席巻し、映画「ボディーガード」に出演した歌手のホイットニー・ヒューストン(Whitney Houston)さんが、米国カリフォルニア州ビバリーヒルズのホテルで死去した。48歳だった。死因は不明。
 
 ビバリーヒルトンホテルの関係者が蘇生術を試みたが現地時間11日午後3時55分(日本時間12日午前8時55分)に死亡が確認された。ビバリーヒルズ警察関係者によると事件性はないもよう。
 
 ロサンゼルスでは、第54回グラミー賞が行われる前夜であったという。ホイットニーもかつて第28回グラミー賞で、ベストポップボーカルパフォーマンス女性部門で受賞するなど、過去に同賞を6回受賞している。デビュー以来1億7千万枚以上のアルバムやシングルを売り上げ、80年代には”Saving All My For You」「How Will I Know」「All At Once」「Greatest Love Of All」などを売り上げて米ビルボードチャートで1位を獲得した。
 63年8月、ニュージャージー州ニューアーク生まれ。母親は歌手のシシー・ヒューストン、いとこにディオンヌ・ワーウィックがいる。幼少期は教会でゴスペルを習い、その後モデルとして活躍。シンガーのバックコーラスなどを担当した後にデビューした。
 
 92年、映画「ボディーガード」ではケヴィンコスナーと共演。ホイットニー自ら歌手を演じ、劇中で「Always Love You」を歌いヒットさせ、同年に歌手のボビーブラウンと結婚し女の子を授かっている。
 
 ホイットニーは2000年に大麻所持で検挙され、薬物中毒治療のために2004年よりリハビリ施設に入所。その2年後の06年には離婚していた。
 
 歌手のグロリア・エステファンは「並外れた才能のあるエンターテイナーを亡くしてしまってショックです」と語った。音楽プロデューサーでもあるクインシー・ジョーンズは「非常に心を痛めている。彼女は類いまれな才能のある存在であった」と述べた。
 
 
 「ボディーガード」では自由奔放な歌手「レイチェル・マロン」を演じている。レイチェルは、「危機感のない者は守れない」という無愛想なボディーガード「フランク・ファーマー」に冷たい態度を取っているが、身に危険が近づいていることに気付いてフランクのボディーガードに協力的になる。
 
 いつしか「雇用者」と「被雇用者」の関係から恋人の関係になる二人。レイチェルにとってフランクは必要な存在であった。フランクがレイチェルの身代わりとなって被弾するシーンでは、”He is my bodyguard!”と叫ぶが、”No,no!! Stay with me, stay with me,Frank”(死なないで、フランク)と声をかけ続ける。
 
 最後のシーン。レイチェルが飛行機から降りてフランクにハグをするシーンは、ホイットニーの「Always Love You」が静かに流れる印象的なシーンであった。
 
 
  
 
 
 
 —– 「お別れのキスをちょうだい」 (レイチェル・マロン)—–
 
 
 
 
 
 
 
★ Singer Whitney Houston dies at 48(CNN・12/2/12)
★ 米歌手のホイットニー・ヒューストンさんが死去(読売新聞・12/2/12)
★ 米人気歌手、ホイットニー・ヒューストンさん死去(産経新聞・12/2/12)
★ ホイットニー・ヒューストンさん死去 米ポップス界の女王(時事通信・12/2/12)
 
★ Whitney Houston(Official Site)
★ ホイットニー・ニューストン(ソニーミュージック)




 
https://twitter.com/#!/shebop_aka_cyn/status/168711743487483905


 
 

(Visited 20 times, 1 visits today)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA