キャリアを超えたショートメールサービスが今日からスタート 1通2.1円〜3.15円

 NTTドコモ、KDDI、沖縄セルラー、ソフトバンクモバイル、イー・アクセスの5社は、第三世代携帯電話間でのショートメールサービス(SMS)を今日より開始した。これまでは同じキャリア同士でのみSMSが可能であったが、キャリア(携帯電話会社)に関係なく一度につき全角70文字程度のメールのやりとりが可能になる。
 
 NTTドコモの場合、全角70文字(英数半角のみなら160文字)で1回につき3.15円で送信できる。相手の電話番号を知っていれば、電話帳から番号を呼び出してメニューから「SMS作成」などを選ぶことにより可能になる。
 
 auの場合、機種により50文字から70文字(半角100文字から140文字)で、1回3.15円。
 ソフトバンクの場合、他社へのSMS送信は1回につき3.15円。ソフトバンク携帯へは無料。
 イーモバイルの場合、全角最大70文字(半角英数160文字)で1回につき2.1円。
 
などとなっている。いずれも受信は無料で、センターに72時間保管される。電話回線を使ったサービスなので、パケット定額制などの対象にはならない。詳細は下記各社該当ページへ。
 
 
☆ 人気ブログランキング(国内ニュース)に参加しています。クリックのご協力をお願いいたします。 
★ ショートメッセージサービス(NTTドコモ)
★ Cメール(au)
★ メール(ソフトバンクモバイル)
★ EMnetメールアプリ(イー・モバイル)
 
★ 携帯電話「SMS」の相互接続、本日スタート(RBBTODAY・11/7/13)
★ ショートメールがキャリアを超えて使えるように 携帯4社合意(本ブログ・09/9/2)
 
 

(Visited 14 times, 1 visits today)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA