鳩山首相、辞任の賛否

 鳩山由紀夫首相が総理大臣を辞任する意向を明らかにした。またしても総理大臣の辞任。平成に入ってからの総理大臣としては14人目であった。
 
 国民の声も賛否が分かれた。「やめるのは当然」、「やめるのは無責任」、「もう少しやって欲しかった」、「早急に答えを出させる国民も厳しすぎる」といった具合だ。
 
 中でも普天間問題で揺れた沖縄県民の声は「辞めて当然」の声が多い。また、子供を持つ家庭からは「子ども手当や高校無償化が来年も続くのか不安」といった声も聞かれた。
 
 鳩山首相もそうであるが、政治家の中に「やがて今やっていることが正しいことだったと歴史が証明してくれる」などというかたがいる。しかし、それは未来にいる者が解釈することである。次々と過ぎ去っていく今という瞬間を生きている国民に、その犠牲を共有させることは間違いである。
 
 鳩山政権発足直後に出てきた「金の問題」は結局国民が納得できない状態のままになった。そのままここまできたことに国民がいらだっていたのは支持率が示している。沖縄県民に期待を抱かせながら普天間問題を解決できなかったことも、大事な一票を欺いたと言われても仕方のないことである。
 
 政治家にお願いしたいことは、「後に歴史が証明するから今は我慢して」ではなく、今すぐに結果が出なくても国民が納得するような未来を想像できるような政治である。そのリーダーシップの欠如が自らの辞任という決断に至ったことを反省しなくてはならない。
 
 
☆ 人気ブログランキング(国内ニュース)に参加しています。クリックのご協力をお願いいたします。 
 
 
★ 8:11「総理より大事なお話」 ドキュメント6月2日(朝日新聞・10/6/2)
★ 名護市長「辞任したからいい、とはならない」(読売新聞・10/6/2)
★ 鳩山首相退陣:「辞めて当然」「やっぱり」 街の声/静岡(毎日新聞・10/6/3)★ 鳩山内閣:トピックス(産経新聞)
 
 

(Visited 12 times, 1 visits today)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA