多い死体遺棄事件

 ここのところ死体遺棄事件が多いような気がする。親が死んだが葬儀代がなくて放置したという事件や、山口県下関市では民家の床下から3人の女性の遺体が見つかった。以前には神奈川県平塚市で乳児ばかり3遺体が見つかり、母親が死体遺棄容疑で逮捕された。
 
 死体遺棄罪は何らかの事情で人が死んだ場合、当局に届けずに遺体を動かして隠したり捨てたりする行為である。こうした行為をすることによって、その後の警察の捜査に支障を来す場合がある。そして本来火葬されるべき遺体を放置することは、個人の尊厳をも踏みにじる行為となる。
 
 死体遺棄現場を発見した捜査当局が、殺人事件が起きたと推定することもある。死体遺棄容疑で容疑者を逮捕してから、殺人容疑で取調べが行われることが多くなった。
 
 昨年4月に発生した「江東区女性会社員バラバラ殺人事件」では、犯人の男は被害者の遺体を損壊し、トイレやゴミ集積所に捨てるなどした。遺族にとってみれば、自分の子どもの遺体をまともに確認できない状態にされ、この上ない怒りと悲しみがあったに違いない。
 
 しかし死体遺棄罪は最高で3年、死体損壊罪は5年である。残虐な行為の割には法定刑としてはさほど厳しくないのが現状である。従ってこの事件では最高刑に死刑のある殺人罪について検察側が厳しく死刑を求めたが、判決では被告が反省している、計画的な殺人ではなく発作的であった、という部分が斟酌されて無期懲役判決となった。
 
 人間の遺体が遺棄されるわけではなく、名誉や尊厳が軽々しく捨てられている現状がある。本来、畏怖の念を持って接するべき人間の魂を見ようとしない、そんな風潮がまかり通ることは実に恐ろしいことである。1人の人間ではなく、集団として扱われれば多くの人が犠牲になる戦争や紛争になり、たった1つの魂などの存在はもはや無視されてしまう現実である。
  
    
☆ 大切なのはどれだけ相手を愛するかではなく、相手にとって自分は何かを知ることだ 。(ローレンス・カスダン )
 
☆ 人気ブログランキング(国内ニュース)に参加しています。クリックのご協力をお願いいたします。
 
★ 鳥取男女不明:税理士の部下逮捕 死体遺棄容疑で(毎日新聞・09/6/3)
 
 

(Visited 20 times, 1 visits today)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA