元次官宅襲撃犯はどこへ

 埼玉と東京で発生した元厚生省事務次官宅襲撃事件は、犯行声明もなければ予告や予兆も現在のところ確認されていない。犯行の態様が似ていることから同一犯の可能性は高いが、誰が何の目的でこのような凶行に出たのかがはっきりしない。それゆえに、厚生省OBや現役職員からは事件の早期解決を望む声が高まっている。
 
 埼玉県警によると、さいたま市内に自宅のあるYさん宅からは、インターホンや門扉などから犯人の指紋は検出されなかった。拭き取った跡もなかったという。足跡も発見されたが、追跡困難な大量生産品である可能性が高い。
 
 一方で警視庁によると、中野区内のXさん宅周辺で、事件前に不審なワンボックスカーが目撃されている。車内から外をうかがっている若い男がいたことが分かった。
 
 中野区上鷺宮という地域は区内北部に孤立する形で位置しており、特に閑静な住宅地で構成され、JR中野駅周辺や区内の他の地域と町の雰囲気が異なる。住人でなければこのエリアに入る者はほとんどいない。不審な車が発見されるとなれば、監視カメラがその威力を発揮しそうだが、上鷺宮にはコンビニどころか商店すらほとんどなく、現場周辺で個人宅に設置してある防犯カメラがあればそれに頼ることになるだろう。
 
 犯人は犯行後、車で逃走していると見られる。千川通り、中杉通り、新青梅街道が上鷺宮に隣接する都道であり、ここの通りに出ることでコンビニなどの防犯カメラ解析が有効になるだろう。こうした凶悪事件と無縁であった町であるがゆえに、不審者や見慣れない車は目立つ。そうした情報は有力な手がかりとなるであろう。
 
 
☆ 人気blogランキング(国内ニュース)に登録しています。クリックのご協力をお願い致します。
  
★ 元次官宅連続テロ(読売新聞・特集)
★ 元厚生次官宅連続襲撃(朝日新聞・ニュース特集)
★ 元厚生次官宅連続襲撃(産経新聞)
★ 元次官宅襲撃(毎日新聞)
 
 

(Visited 12 times, 1 visits today)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA