ティアラ

 
 初めてエイズ患者と握手をした有名人というのが、ダイアナ元皇太子妃であった。エイズ患者に対する偏見があった80年代後半、施設を訪れたダイアナは躊躇することなく手を差し伸べた。その写真は世界を駆け巡った。
 
 地雷で足を失った人のいる病院も訪れる。それからは地雷除去の活動にも熱心になった。実際にサラエボの地雷の残る地域に足を運んでいる。
 
 ダイアナは「世界で一番不幸な病気は『愛されていない』ということです」と語っていたが、そのダイアナもチャールズ皇太子の不倫関係に気を揉んでいた。腹いせに男性と関係を持つことにもなる。ストレスから摂食障害、自傷行為もしている。
 
 97年にパリにおいて不慮の事故により急逝したプリンセス・オブ・ウェールズ。イギリス国内は悲しみに包まれ、宮殿前には数え切れないほどの花が置かれた。10年たった今、残されたウィリアム王子らはダイアナの活動を継いでいるという。
 
 ティアラの似合う女性はそれほど多く存在しないことを知らされた。
 
 
☆ 私はみなさんの心の王妃になりたいのです。(ダイアナ皇太子妃)
 
☆ 人気blogランキング(国内ニュース)に登録しています。クリックのご協力をお願い致します。
 
 
 

(Visited 12 times, 1 visits today)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA