吉か凶か

 
 国民の心配事はおおくある。政治と金の問題、そして信じられないほどの不祥事である社会保険庁による年金問題。選挙直前に起きた新潟中越沖地震の復興支援策など。
 
 思えば、安倍総理自身はこれといった大失態をしたわけではない。脇を固める閣僚の発言が総理を窮地に追い込んだ。
 
 とはいえ、その時の対応のまずさが「リーダーシップがない」と判断されたのは仕方のないことだろう。任命責任を問われても当然である。
 
 それにしても不適切な発言をよく思いつくと感じる。「女性は子供を産む機械」「なんとか還元水」「原爆はしょうがない」。
 
 もう余計なことは喋らないほうがいい。そして、口から発せられる言葉ではなく、実際どんな行動をしてくれるのかに期待は集まる。
 
 参院選、吉と出るか凶と出るか。与野党にとってではなく、国民にとってである。
 
 
☆ 人が決まってウソをつくとき。それは狩りの後、戦争の最中、そして選挙の前。(オットー・フォン・ビスマルク)
 
☆ 人気blogランキング(国内ニュース)に登録しています。クリックのご協力をお願い致します。
 
 

(Visited 12 times, 1 visits today)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA