死刑にならなければ払わない、2ちゃんねる管理人

 
 2ちゃんねるへの書き込み等について、名誉毀損などで訴えられ、相次いで敗訴している管理人の西村博之氏。彼は敗訴している賠償金等をほとんど支払っていない。
 
 「支払わなければ死刑になるのなら支払うが、支払わなくてもどうということはないので支払わない」、「踏み倒そうとしたら支払わなくても済む。そんな国の変なルールに基づいて支払うのは、ばかばかしい」という拙いコメントをしている。
 
 プロバイダー責任制限法では、プロバイダやWebサイトの管理者に対してその管理責任を定義したものだ。これに基づいて彼は賠償責任を負う。多くの債権者がいるのにもかかわらず、妙な理屈で支払を免れようというのは理解を超える。裁判所が判決を出しているのに、それに背こうとしているのだ。
 
 とりあえず彼が死刑賛成論者だということは分かった。もう少しまともな人だと思っていたが、彼は友達に金を借りても相手が忘れていたら支払わない、そういう男らしい。
 
 
☆ どんな馬鹿でも、あらを探したり、難癖をつけたり、苦情を言ったりできる。そしてたいていの馬鹿がそれをやる。(ベンジャミン・フランクリン)
 
☆ 人気blogランキングに登録しています。クリックのご協力をお願い致します。
 
★ 「死刑になるなら払う」2ちゃんねる管理者、賠償拒否(読売新聞・07/3/20)
★ プロバイダ責任制限法 【プロバイダ責任法】(IT用語辞典)
 
 

(Visited 3 times, 1 visits today)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA