声楽でひきこもり回復

 発声の基本といったら「腹から声を出す」というのを聞いたことがあるだろう。普段我々は会話をするときに、胸式で呼吸をする。これを歌っているときには腹式に換えるというものだ。慣れてしまうと腹式呼吸で唱った方がのどが疲れることはなく、声を使う職業の人でも応用が利くことだろう。
 
 脳を刺激することにより、ひきこもりを回復させる「声楽療法」を開発した人がいる。指揮者でバリトン歌手の佐藤宏之さんだ。ひきこもりのみならず、自閉症やPTSDなどから復帰した改善例を多く抱える。
 
 音楽療法というのは注目されていたが、これまでは「聴いて癒す」という方法論だった。それに対して佐藤さんの場合は実践的に声を出して、それも本格的な声楽法を採用して若者の多くを社会復帰させた。
 
 ひきこもりと一言で言っても、うつ病や対人恐怖症などさまざまな病気がある。いずれも脳神経系統などの異状によるもので、特効薬は西洋医学がメインだ。苦しんでいるときに即効性のあるのが薬であるからだ。
 
 時間をかけて治せるものなら、薬ではなくこうした療法が一番良い。人生は話すことが基本形だとすると、応用編は歌うことである。薬に頼らないジェネリックな良薬がひとつ発明されたのである。
 
 
☆ 人気ブログランキングに参加しています。クリックのご協力をお願いいたします。
 
★ 声楽でひきこもり回復 「うまく歌う」が脳を刺激 (産経新聞・07/1/19)
 
 

(Visited 11 times, 1 visits today)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA