夢は真実だったか

 夢には2種類ある。1つには実現可能な夢。例えば○○の資格を取る、の類。努力している人は必ず実現させることができている。もう1つは実現が困難な夢。これは運も作用しているので、実力だけではどうにもならない部分もある。有名人になりたい、という類のものだ。
 
 東京・渋谷で新春に惨劇が起きた。「妹と3年間会話していなかった」という、逮捕された21歳の兄は歯科医を目指していた。しかし3年連続失敗。それをなじられ、激高した上での凶行だった。
 
 例えば法律上、遺産の相続は配偶者が第一で、次が子供、その次が孫、次が祖父母、最後に兄弟姉妹が来ることになる。法の上では兄弟姉妹というのは赤の他人に近い扱いなのだ。会話がなかった兄妹はほとんど他人に近かったのかもしれない。そうでなければ、殺害後に遺体を損壊する行為などに及ぶはずもない。
 
 知人の姉妹は同居していたにもかかわらず、喧嘩が原因で1年間口をきかなかったという。その姉はその後体調を崩してしまった。家族の不和が個人の空気を乱すことは間違いなさそうだ。家庭が円満であれば、近所も平和であり、周辺社会もその恩恵を空気で感じることになるだろう。その空気が読めない社会が何とももどかしい。
 
 
☆ 人気blogランキングに登録しています。クリックのご協力をお願い致します。
 
★ 「3年前から会話せず」 背景に不仲 短大生遺体切断(産経新聞・07/1/5)
 
 

(Visited 7 times, 1 visits today)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA