ワーキングプア

 
 働いても報われない貧困層のことを「ワーキングプア」と呼ぶ。NHKで放送された内容は大きな反響を呼んでいる。
 
 秋田県で洋服の仕立屋をする70代男性。昭和の頃は年間100着を仕立てていたが、今はサイズ直しなど微々たる収入で生活している。どんなに働いてもお金がない。介護保険が増額されると「もう払えない」といい、生活保護受給申請することになる。しかし、生活保護を受けるには財産を取り崩さないといけない。100万円の貯金だけは「アルツハイマーで入院している妻の葬儀代として取っておきたい」という。
 
 会社を解雇され、男手一つで幼い子の面倒を見る50代の男性。奥さんは病死している。アルバイトを3つ掛け持ちし、うち1つは夜勤である。夜勤明けが近くなると「子供たちはご飯を食べて学校に行ったか」気になるのだという。「子供には大学に行かせてあげたい、それが親の努めだ」。しかし、安定しない生活状況には不安が残る。
 
 子供たちのコメント。「弁護士になりたいと思っていたけれど、お父さんは夜勤をやっていて大変だし、お父さんが行ってもいいといえば大学に行きたい」
小学生の子供なら将来の夢だけ語ればいいのに、こんな幼い子が現実と夢を天秤にかけているとは何とも切ない。
 
 ニッポンという名の会社社長である小泉純一郎さんは「格差社会はあって然るべき」という発言をしている。頑張っているものが報われて成功者になるのは当然だが、頑張っているのに報われないこの歪んだ構造をどうお考えか。
 
 高収入を得ている人がピラミッドの頂点だとすると、ニッポン株式会社の長はその底辺にいる人をリストラしているのだ。
 
 
☆ 私達は皆に、同じ世界が一つあるだけ。善も悪も、罪も純潔も、手に手を取って、その世界を生きていく。安全に暮らせるようにと人生の半分に目を閉じるのは、落とし穴や絶壁のある土地をより安全に歩けるようにと目隠しするようなものです。(オスカー・ワイルド)
 
☆ 人気blogランキングに登録しています。クリックのご協力をお願い致します。
 
★ NHKスペシャル「ワーキングプア」~働いても働いても豊かになれない(NHKオンライン)
 
 

(Visited 5 times, 1 visits today)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA