欲を優先させた者たち

 ライブドア問題。買収を繰り返すことで急成長した会社は、「金で人の心を買って」きた。同社グループには40社以上が傘下にあり、そして同社に対して多くの株主が心を奪われた。
 
 野球、ニッポン放送、議員出馬と知名度は上げたが、やりたいことの方向性が見えてこない。しかし肝心の本業はどうなのだろう。ポータルサイトはYahoo!のそれと似ているだけだし、ライブドアのブロガーたちが「コメントの反映が遅い」という不満を1年前から言っているのに、改善されていない。本業を忘れたか。傘下のグループが抜けたとき、本業だけでこの会社は持つのだろうか。
 
 ヒューザー社、小嶋社長証人喚問。証言拒否ばかりで、なんの有益な情報開示がなかった。証人喚問を何だと思っているのだろう。どういう立場で喚問されたのか、考えていないのだろうか。結局は自己保身、証言拒否は「法に基づく正当な権利行使」という立場。そうであれば、法がその身を追いつめる日が必ず来るだろう。
 
 連続幼女殺害事件の宮崎勤被告に最高裁は死刑判決。
被告本人には未だに反省の言葉がなく、社会に放置していては危険である。妥当な判決だと言える。
 
 当時、亡くなったお子さんたちは存命であれば、立派な成人女性である。判決まで17年というのは長すぎる。ご遺族はこれでなき魂に本当に手を合わせることが出来るのかもしれない。
 
 欲に目がくらむと善悪の判断が鈍る。歪んだ金と性欲は、100年も生きないであろう人の心を狂わせる。短い彼らの歴史に残った記録はその筆跡が乱れている。
 
 
☆ 紙や土地を売り買いして儲けているのは会社とは言えない。物をつくらない奴はダメだよ。 (本田宗一郎)
 
★ 疾走、そして迷走(本ブログ・05/2/19)
★ 六本木ヒルズの論理(本ブログ・05/4/23) 
★ 子供を守るという意識(本ブログ・05/12/3) 
 
 

(Visited 19 times, 1 visits today)

欲を優先させた者たち」への1件のフィードバック

  • 2006-01-18 @ 6:40 PM
    パーマリンク

    ヒューザー喚問
     耐震強度偽装のマンションを販売したヒューザーの小嶋社長を迎えての証人喚問は、くしくも阪神大震災11周年の日に当たりましたので、犠牲者への黙とうで始められ、神妙に頭(こうべ)を垂れる小嶋社長の握りしめた太い数珠が目を引きました。
     阪神大震災では犠牲者の

    返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA