記憶にない被害、竜巻が民家を襲う 1人死亡30人超けが 関東北部(2012/5/6)

 このような竜巻被害は記憶にない。6日ごご0時45分ごろ、茨城県つくば市北条地区で竜巻が発生したとみられ、建物30~50棟が倒壊、300棟以上が何らかの被害を受けている。この影響で男子中学生1人が死亡、30人以上が負傷した。また落雷が母娘を直撃し、1人が重体となっている。
 
 水戸地方気象台によると、同市で午後0時39分に最大瞬間風速18.7メートルを記録した。気象庁によると、大気の状態が広い範囲で不安定になったことから、ところどころで積乱雲が発達し、落雷やひょうなども観測された。この状態は7日未明にかけても続くとみられ、同庁は東北、関東、甲信、北陸の広い地方に竜巻注意情報を出した。また、「頑丈な建物内に避難して、土砂災害にも気をつけて欲しい」と話している。
 
 つくば市災害対策本部などによると、多数の電柱がなぎ倒され、午後5時現在、つくば市で約1万2千世帯、下妻と筑西市でも約100世帯が停電している。また、陸上自衛隊に救援要請をした。
 
 同じころ、栃木県東部の真岡市や益子町でも突風に見舞われ、10人が軽傷を負った。家屋の被害は約320棟に上っている。
 
 また、午後2時20分ごろ、埼玉県桶川市坂田の「穂高ドックラン」で雨宿りをしていた同県宮代町の女性(40)と長女(11)が落雷を受けて負傷。長女が意識不明の重体。埼玉県警上尾署によると、2人は家族と一緒に同施設に来ており、高さ8メートルのケヤキの下で雨宿りをしていた。
 
 日本での竜巻被害が記憶にない。被災地の住民は「東日本大震災では被害は少なかったが、今回は壊滅的だ」と話している。大きな竜巻被害となったのも異常気象が原因なのか。ゴールデンウィーク最終日に人々を襲う天災は容赦がなかった。逃げる術とかわす術を何度でも確認しなくてはならない。
 
 昨年11月に鹿児島県・徳之島で発生した竜巻では民家1棟が倒壊し、住民3人が死亡した。鹿児島県警徳之島署の調べによると、3人は自宅から100~180メートル離れており、自宅は基礎部分だけを残して全壊していた。この時の最大瞬間風速は12.5メートルだった。
 
 
★ 茨城・つくば市などで”竜巻” 1人死亡(日テレNEWS24・12/5/6)
★ 「突然バリバリ」窓ガラス散乱 突風、街破壊 茨城(朝日新聞・12/5/6)
★ 竜巻?猛威、14歳男子死亡・40人以上けが(読売新聞・12/5/6)
★ 突風:「竜巻見えた」 つくばの住民、恐怖の瞬間(毎日新聞・12/5/6)
★ 母子に落雷、11歳重体 木の下で雨宿り中 埼玉・桶川(時事通信・12/5/6)
★ 竜巻か、3人死亡 突風で民家倒壊 鹿児島・徳之島(時事通信・11/11/19)
 
☆ 人気ブログランキング(国内ニュース)に参加しています。クリックのご協力をお願いいたします。
 
 

(Visited 20 times, 1 visits today)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA