「ヒトカラ」 一人専用のカラオケボックス東京・神田に登場

 以前よくカラオケに一人で行っていた。カラオケ屋さんの従業員の人にも顔を覚えられるほどであった。しかし頻繁に一人で来ていることを不思議に思われたようで、一人で歌っている最中に気配を感じて後ろを見ると、その従業員の方が不思議そうに覗いていた。
 
 最近巷では一人でカラオケをする人が増えているという。この「ヒトカラ」専用カラオケボックスが東京・神田に登場した。本当に一人用の狭いスペースであるようだが、利用者は「多少は踊れるし気にならない」という。狭い室内でハウリングが起きないように配慮してスピーカーではなくヘッドホンを採用した。
 
 一人で歌っていて恥ずかしいのがドリンクを注文したときだ。完全に自己陶酔しているところに「失礼しま〜す」と入って来られるとお互いに気まずい。しかし、ここでは共有スペースに自分でドリンクを取りに行く仕組みだという。
 
 さらに困るのは時間終了間際に「退出10分前です」のインターホンが鳴ること。この点についても配慮がなされ、カラオケの画面に表示される仕組みになっていて「邪魔されずに済む」というのである。うーん、これは嬉しい。スタンドマイクもありミュージシャンの気分も味わえるという。あくまでも一人専用なので二人で入るのはNGであるという。
 
 まだ東京でも神田しかないのが残念だが、これから既存のカラオケでも一人用のサービスを充実させてはいかがであろうか。こっそりと、しかし堂々と練習したい忘年会シーズンにちょうどよいサービスではないだろうか。
 
 
☆ 人気ブログランキング(国内ニュース)に参加しています。クリックのご協力をお願いいたします。
 
★ 日本初!!1人カラオケBOXはこんなとこ(産経新聞・11/11/23)
★ ワンカラ ひとりカラオケ専門店
 
 

(Visited 21 times, 1 visits today)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA