東京・立川の6億円強奪 20代と40代の暴力団関係者2人に逮捕状 強盗傷害容疑で警視庁

 東京・立川市柴崎町の警備会社「日月(にちげつ)警備保障」の事務所から、金額としては過去最高の6億円が強奪された事件で、警視庁捜査一課と立川署は31日、強盗傷害と建造物侵入容疑で20代と40代の暴力団関係者である男2人の逮捕状を取った。
  
 警視庁では付近の防犯カメラなどの分析を進めて容疑車両を割り出した。また、携帯電話の通話履歴などから男2人が実行犯と断定した。
  
 事件前後には男らの携帯電話の発着信履歴が多数記録されており、他にも十数人が関与した疑いがあるとみて捜査している。
  
 事件は5月12日午前3時ごろに発生。男2人が鍵の壊れた窓から押し入り、仮眠中だった同社男性社員(36)の両手を粘着テープで縛った上に目隠しをした。刃物で執拗に刺しながら金庫の暗証番号を聞き出し、現金約6億4000万円を強奪して逃走した。
 
 立川署捜査本部では内部事情に詳しい者の犯行と見ており、引き続き捜査をすると共に逮捕状を取った男2人の行方を追っている。
☆ 人気ブログランキング(国内ニュース)に参加しています。クリックのご協力をお願いいたします。
 
★ 6億円強奪 暴力団関係者2人に逮捕状(産経新聞・11/5/31)
★ 6億円強奪事件、男2人に逮捕状 東京・立川(朝日新聞・11/5/31)
 
 

(Visited 26 times, 1 visits today)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA