沖縄全戦没者追悼式典

 
 沖縄戦終結から61年目の慰霊の日だった。
 遠い昔に多くのかたが戦争で犠牲となった。戦争はその大義名分のもとに悲惨な光景が繰り広げられる。今のイラク戦争でも民間人が虐殺されているのは戦争だからだ。
 
 沖縄のかたは特にそうした思いが強いのだろう。式典に参加したかたは「ここに来ると涙が止まらない」「あんな事は二度とあってはいけない」とおっしゃっている。
 
 一方で米軍は、弾道ミサイルを迎え撃つ実験を成功させ、グアム沖では大規模な軍事演習を行った。北朝鮮をけん制するためのものといわれている。ならず者国家が存在している以上、軍備は必要だ。その軍備が威嚇だけで済みますように。
 
 県民のかたのコメントにこうあった。
「平和は守るものじゃなくて、作るものなんですよ」
この考えにはぜひ参戦したい。
 
 
☆ 世の中に悪が栄えるのは、我々がノーと言う勇気を持たないためである。 (S.スマイルズ)
 
☆ 人気blogランキングに登録しています。クリックのご協力をお願い致します。
 
★ 沖縄全戦没者追悼式典 首相ら参列(産経新聞・06/6/23)
 
 

(Visited 18 times, 1 visits today)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です