盗難の日本人青年の自転車、ネットユーザー5万人が発見 中国・武漢

 中国で自転車を盗まれた日本人男性がいた。ところがおよそ5万人の市民がインターネットを使って自転車を発見する出来事が起きた。男性は「武漢の人々やメディアに感謝したい」と話している。
 
 看護師の河原啓一郎さん(27)=長野県出身=は、自転車でボランティア活動をしながら世界一周の旅をするために昨年10月日本を出発。中国からアフリカなどを数年かけて回る予定だった。3日に武漢に到着して献血を呼びかけるボランティアをしていた。
 
 ところが湖北省武漢市内で自転車を盗まれた。20万円以上するもので、17日午後に市内の駐輪場に止めていたが夜に盗まれた。警察に届けたところ地元メディアが報道し、中国版ツイッター「微博」で「世界旅行中の人の自転車が中国でなくなるとは。中国人のメンツに関わる」などという書き込みが相次ぎ、警察が当面の自転車をレンタルするなど反響が広がった。
 
 河原さんはSNS「フェイスブック」で「武漢中が僕のために、僕の自転車のために動いてくれている」とコメント。自転車は闇市場で売られていたが、購入した市民が「微博」を見て河原さんのものと気付いて届け出た。
 
 中国での盗難で見つかることは奇跡的であるとされている。広州紙、羊城晩報は「人々の意識の中には、外国人はいつも文明的に進んでいるが中国人は立ち遅れているという感覚がある」と指摘。
 
 インターネット人口は言論統制のある中国でも広がっている。規制があるとはいえ、ネットから垣間見える海外の生の声に中国人は意識改革をされたのではないだろうか。
 
 それにしても自転車1台のために動いた静かな人たち5万人という数は凄い。そして「つぶやき」をみて、買い取った自転車を正直に届け出た人も素晴らしい。
 
 海外に行って困るのは盗難である。日本国内であれば、盗難・紛失で見つかる可能性は結構高いが海外では絶望的である。世界一周を試みた一人の日本人青年にとって、最初の収穫が中国での出来事であるのは間違いない。
 
 
☆ 人気ブログランキング(国内ニュース)に参加しています。クリックのご協力をお願いいたします。
 
★ 中国:日本人の自転車盗難 ネットで5万人が大捜索(毎日新聞・12/2/21)
 
 

(Visited 12 times, 1 visits today)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA