2011年3月11日

 3月11日午後、翌日に引越を控えていた私は部屋の中を整理をする。段ボールが10箱積まれ、ベッドとパソコンデスクだけが出してある。ノートパソコンを開いて交流サイト「mixi」をのぞく。好きなアーティストが「あしあと」をつけてくれたことがとても嬉しい。
 
 時間など気にせずネットをしているとマンションが揺れる。いつもの地震だと思いすぐに済むと予想する。しかし揺れは大きくなり止まらない。携帯と札入れと上着を持ち出して表の駐車場に避難する。
 
 目で確認できるほどの強い揺れは一向に止まる気配がない。どこで何が起きているのか。ネットや通話はダメだろうと思いワンセグで確認する。画面の隅に日本地図があり、そこには「大津波警報」と書かれている。 
 
 東北地方太平洋沖地震はこれまで経験したことのないような甚大な被害となる。震度7、マグニニュード9・0と最大規模である。大きな地震は津波を引き起こす。10メートルを超える津波が東北の街をのみ込む。川をさかのぼって襲う。
 
 夜になると気仙沼の街が火に包まれる。船などから流れ出た油が引火する。暗闇に写るのは全く整然としない炎の列。
 
 夜が明けると想像もできない光景が広がる。街が根こそぎ流されている。そして電源焼失の東京電力福島原子力発電所で事故が起きる。放射性物質が大量に飛散する。
 
 未曾有の大震災は今後長期的な支援が必要となる。「がんばろう日本」、そのスローガンを掲げて励ますのであれば、それは一過性のものであってはならない。無知や無関心は人間を残酷なものにする。生きていくということは、亡くなった人たちやその家族のかたたちの悲しみに寄り添うことである。
 
 「いつまでも下を向いていられないから、一歩ずつ進んでいきたい」という被災者の言葉に心を打たれた。悲しんでいる人に心のエスコートをいつまでも。
 
 
 本年も本ブログをお読みいただきありがとうございました。来年が皆さまにとって素晴らしい年であることをお祈りいたします。どうぞよいお年をお迎えください。
 
 
Nono
  
 
☆ 人気ブログランキング(国内ニュース)に参加しています。クリックのご協力をお願いいたします。
 
★ 2011年、来年の目標は・・(本ブログ・2010/12/31)
 
 

(Visited 16 times, 1 visits today)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA